殺し屋の作品情報・感想・評価

「殺し屋」に投稿された感想・評価

イワシ

イワシの感想・評価

3.2
ヘミングウェイの短編を元に当時24才のタルコフスキーが映画大学での課題として撮った短編映画。共同監督にマリカ・ベイク、アレクサンドル・ゴルドン。調理場の小窓、下宿屋のドア、金庫の扉などが閉じられることによっていずれ開かれて訪れる死を予感させる。
RyoS

RyoSの感想・評価

2.5
タルコフスキーが大学生の頃に撮った作品。すべてが遅く、スローに進んでいく。一言一言に間があって、これが学生が作ったんだなという下手さを感じる。ヘミングウェイの短編小説が原作らしいが、話もつまらない。ここからスタートして、最終的にノスタルジアとか作っちゃうんだから、すごいよね、希望を感じる。

つまりはつまらなかったわけだが、映画大学なだけあって、セットや服装、雰囲気は決まってて良かった。
SKE

SKEの感想・評価

3.3
タルコフスキーの習作だそうな。言われても分からない。
ファーストショットを始め官能的な紫煙の動きに惹かれるも殺し屋パートが退屈すぎる。
mingo

mingoの感想・評価

2.5
原作はヘミングウェイの短篇小説。タルコフスキーが大学時代に同級生と共同で撮った習作らしいが良さが1ミリも無い
出演〇
ryosuke

ryosukeの感想・評価

3.7
ノワール的な画作りがクールで普通にかっこいいんだけどタルコフスキー感はそんなになかった。
沈黙と人物の所作の積み重ねの中で静かに緊張感が高まっていく感じが好み。
sc

scの感想・評価

3.5
厨房から窓の先の出入り口を覗くところと瓶と椅子が倒れてるところがタルコフスキーっぽかったぞ
ROY

ROYの感想・評価

-
ヘミングウェイ原作
>|