Rinko

主戦場のRinkoのレビュー・感想・評価

主戦場(2018年製作の映画)
3.7
意外と冷静で淡々とあらゆる視点からの専門家が持論を述べ整理されていく。
テーマは重いけど飽きるどころが知らないことが多すぎて、慰安婦問題、韓国、そして日本という国に対して、先入観で決め付けていたことの多さに気づかされた。
愛国心や差別意識って知らない間に根付いていて、平和ぼけした私たちはそこから思考が動いてない。政治や歴史に無関心なまま、知らない間に政治家や学者たちに操作され、自分の頭で考えずただただ時代が流れていく日本の私たちたちの世代。それっておかしいんじゃないの?と外から言われたような感じ。
もっと感情的で、事実を一つの視点から捉えた印象操作的なドキュメンタリーかと思っていたのでそういう意味でも裏切られた映画。