主戦場の作品情報・感想・評価

上映館(18館)

主戦場2018年製作の映画)

SHUSENJO: The Main Battleground of The Comfort Women Issue

上映日:2019年04月20日

製作国:

上映時間:122分

「主戦場」に投稿された感想・評価

不勉強を恥じる
MI2TO3

MI2TO3の感想・評価

4.0
いやーくらった

ドキュメンタリー映画なんで編集がある以上、全て真実であるとは捉えはしないが

ただ、ぼーっとは生きていけないことを再認識

気づいた時には主戦場になってるよこの国

吉本会見→新聞記者→選挙→主戦場

この3日間で脳がクラクラしてる…

クールダウンにアラジンでも観に行くかw

初イメージフォーラムでした
顔の映画。
誰が何を言うか。
どんな立場の人か。
だんだん顔だけで判断できるようになる。
ちゃんと事実を認識しているか。
偏った価値観の持ち主かどうか。
事実を語っているか。

韓国人は騙されるほうが悪いと家庭で教育されているというコメントに対し、嘘をつくほうが悪いと親に言われてきたと普通に答える若者たちに涙が出た。

アメリカが起こす戦争で戦うのか?
監督の真摯な問いが、胸に迫る。
見応えがあるドキュメンタリーだった。
従軍慰安婦の存在は知っていたしきちんと謝罪すべき問題と私は認識していたが、これは日韓関係の問題ではなく人権問題であり、現在進行形のme to問題であると痛感させられる。またかつて男尊女卑の思想で女性を迫害していた日韓両方にも問題も指摘しているのは公平だなと感じた。
あと歴史修正主義者の言動があまりに馬鹿過ぎて劇場ではみんな爆笑だったぞ。特に杉田水脈とか名前忘れたけど自称歴史学者とかはホントに大丈夫か?と心配になるくらいだ。
そういう編集・演出をしているからだとも言えるが、この映画について史料に基づいたそれらしい反論がなく、勝手に映像を使われたという苦情しか無さそうなのを考えると、まあそういうことなんだろうなぁとしか思えないのだが。
しかし高崎上映が遅いぞ。もっと早くやって欲しかったぜシネマテーク高崎っ。
これは面白い。従軍慰安婦の問題を右の人、左の人の意見を対比させながら丁寧に描いている感じがした。ドキュメンタリー映画とはいえ撮る人の主観に左右されるのは当たり前。でもマイケル・ムーアのようなあからさまな偏りはなく冷静に描いている印象。話の入口は従軍慰安婦問題なんだけど、後半この国のコアの部分に話が進んでいく。背筋がゾッとする展開。そして、ラスボス的人物の驚愕の発言に唖然。あまりにも「????」な発言は逆に笑ってしまう。平日10時に行ったにもかかわらず映画館は満席でびっくり。こんな面白い映画、もっと上映館増やしてやればいいのに。でも、この映画を観ると、増やせない理由もなんとなくわかる気がする。
sai

saiの感想・評価

3.8
被害者が存在する以上は、そんな人はいなかったと主張する人たちは絶対的に悪者になってしまうわけで、中立的な立場な演出とは言えず、監督の思惑を感じざるを得ない。
ただ、各々が調べて考えることが重要で、それを促す映画として評価できる。
ぐ

ぐの感想・評価

-
レポート書くためにみたけど、めちゃタイムリーだった みんな選挙行こうな
本当は選挙開票前に書いておきたかったのだけれど、結局このタイミング。。でも、劇場でかかっている時に、いや、ちょうど参院選の投票前に見れてよかったよ。

右も左も、あるいはとくにそういう関心そのものがない人も、とりあえずまず観てくれ!そこからじゃ!ここがようやく「主戦場」になるのは。
ドキュメンタリー映画、という枠とっぱらって、1本の映画作品としてめちゃくちゃおもしろかった。限られた時間の中にとんでもない情報量。それはまるで一気に論文5本くらい超集中して読んでヘロヘロになるような感覚。

ぼくらが生きている〈いま–ここ〉だけでなく、この先ずっと世界が「平和」でありますように。だから自分も、自分の感覚でちゃんと見極めて、判断したいと思います。
「国と国ではなく人権と人権」という言葉はすごく大事にしたいな

選挙に行ってきます!!
若者の教育に義務を負う大人の一員である自覚が足りていなかった。なぜ過去を記念しなければならないかの答えはこの映画を観れば明らか。率直な気持ちとして人権侵害や歴史認識にメンツは関係ないと思う。
>|