主戦場の作品情報・感想・評価

主戦場2018年製作の映画)

SHUSENJO: The Main Battleground of The Comfort Women Issue

上映日:2019年04月20日

製作国:

上映時間:122分

4.1

「主戦場」に投稿された感想・評価

膨大なインタビューから織り成す
問いと答えに溺れそうになりながら
怒濤のクライマックス。
そこには根底が何なのか、そして、
自分の立場を改めて考えさせられる
映画でした。
正直まだ、整理がつかないでいるが
決して他人事にしたくない強烈なメッセージがこの作品にはあって
じっくり酔いたいと思う。

それにしても監督の聴く力は凄い
相手がいつの間にか丸裸にされている。
suzu

suzuの感想・評価

3.7
メディアなどで可視化されないサイドの意見をがっつり聞く機会を設けるべきと思って観に行った
が、結構前なので案の定それなりに忘れてしまっている、映画館内でメモ取ったりできるようになればいいのに
プレゼンテーション
違和感に気づくと思う。見ればわかる。見た方がいい。
この監督は慰安婦問題について出演者にインタビューする際、映画にするということを言わず隠していた。
学生の為に協力しようと思った出演者達は騙されていたのです。

その時点で最悪ですが、映画の中で彼らを“歴史修正主義者”とレッテル貼りまでしています。

反日なのか無知なのか分からないが、歴史上の事実を知らない人達がこの映画を見て高い評価をし、歪められた歴史を信じていることが恐ろしい。
Tomokito

Tomokitoの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーは製作者の意思ありきで、全くニュートラルな作品というのは存在しない前提なので特に違和感なく観られた。そしてその意思抜きにしても、歴史修正主義者たちの発言の節々から出てくる、あまりにお粗末な思想を聞いてるだけで、この問題について双方を対等なものとして対比する滑稽さがよく分かる。

こういうキチガイたちが社会のうえの方にいるんだもんなー、本当勘弁してほしいよ。お前らの存在こそが俺らの日本という国への愛国心を持つことを阻害させてるんだよ。
考えさせられる映画だった。
もう一度見たい。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.8
Es war ein Film, der wirklich die Unwissenheit meines Landes zeigte. Was kann ich tun? Ich bin sicher, dass viele Leute diesen Film sehen werden. Ich erinnerte mich übrigens daran, dass mein deutscher Freund über den Japan-Kongress Bescheid wusste....
Ru

Ruの感想・評価

-
大学の課題で1人で見に行って、真っ暗な道玄坂の映画館で必死にメモを取りながらみましたとさ、私は割と衝撃を受けたけど同じものを観に行った友達の感想が人それぞれだった
simpsons

simpsonsの感想・評価

3.5
途中から意識失ってしまって悔しい。
>|