bosco

100日間のシンプルライフのboscoのレビュー・感想・評価

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)
3.8
“大事な用?”
“分からないよ”

自分で考える、事を無意識のうちに蔑ろにしまいつつある時代には身に積まされる。
それに多くの人々が気付けば、きっと選択肢や可能性は広がる。
なかなか重厚なテーマ。

でありながらコメディの様にスッと観れるのは作品の質なんでしょう。

生ある事の尊びや最小限の幸せを実感するのは、現代社会において困難かつどこか希薄さや絵空事の様に感じてしまう。

現代の幸せ、は確かに所有物の数や質に起因する。
だからといってミニマリストになるか?というとちょっと違って、削ぎ落とし留めるチョイスが確かに自分の手が伸ばせる“近く”に存在しているよな、と思う。
“自分のモノを自分のために使う”のではなく、“他人のために使う”のは勇気や覚悟がいる。
幸せの在り処は意外とそんなところなのかもしれないな、と考えさせられました。