ゆっけ

11月19日のゆっけのレビュー・感想・評価

11月19日(2017年製作の映画)
-
自転車のパンクからはじまる恋。
コンビニの前で並んで一緒に食べるおでん。
はじめて、恋人を下の名前で呼ぶ、下校中の出来事。
プールサイドや花火。実家にかける電話。
そして、素直に感情を伝えられなくて、すれ違うふたり。

昔、高校生だったうぶな初恋を思い出すかのような、甘酸っぱくて、なんだか懐かしい気分にさせる。大人になった自分たちが振り返って、ちょっと切なくなる、そんな青春ラブストーリーでした。

物語は、2000年前半の、ある冬の日から始まります。
ロケ地である山形の四季が非常に綺麗です。ロケ地である山形県山形市高瀬地区は、あのジブリの『おもひでぽろぽろ』の制作においても参考にされた場所でもあります。

縁あって、神谷正智監督の前作『それから、』も、2014年に観させていただきました。そちらでは、”家族”の日常が描かれていましたが、今回は高校生の恋愛。

様々な田舎の風景とともに、ふたりの男女の感情の機微が描かれます。

最初にふたりで歩く道の風景がとってもよくて、そのふたりの距離感が、徐々に近づいていく描写が素敵でした。
何気ない日常や、風景な中に、懐かしさや、その人の大切な思い出が詰まっていて、粗は目立つのですが、それでも青春ラブストーリーとしてしっかり成立していたと思いました。

監督は、タイトルや扱う題材にセンスあるなぁと思います。もちろん制作費の面で限りがあるので、演出面が弱い点は否めないのですが、次回作も期待しています。

http://yukke1006.com/2019/05/12/245movie/