炎のメモリアルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「炎のメモリアル」に投稿された感想・評価

KENO

KENOの感想・評価

4.1
ホアキン若い!瞳がキラキラ
トラボルタ上司もハマってて良き

ケネディの最後の言葉が
ものすごくグッとくる。
「生き方を称えよう。」
流れてた曲がピッタリで泣けた〜
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.7
この消防士映画も熱かった。人を救うために危険を省みず火と戦う姿は称賛。
トラボルタの隊長役も良かった。
部下の死を家族に伝える隊長の役目も酷な仕事だし、最後のスピーチ、「生き方を称え、称賛で送って下さい」で家族も救われる。
記録用

かなりの良作
今回の「ジョーカー」でのホアキン・フェニックスの演技でこちらの作品にも光が当たることを願います。
『ジョーカー』公開記念にホアキンの作品を観たいなと思って鑑賞。『バックドラフト』同様素晴らしいFirefighterムービー。

1人の新米消防士を中心に描かれる傷などの物語なのだが、面白い構成になっていて主人公がある消火活動をしているとビルが徐々に崩れ始め、意識が朦朧としてる中、彼が過ごしてきた回想シーンが入る。で、現在に戻ったりと交互にストーリーが進んでいくパターン。この構成にした意味が本当にあったのか?効果はあったのか?とも思ってしまったが、最後は熱くなるものがあったので個人的には結果オーライ。

神父に懺悔するお決まりのシーンが凄く好き。新しい仲間を迎えるのには十分すぎる出迎えでまさにアメリカっぽいなと。

仲間への想い、恋愛、家族等バランスよく描かれていたと思し、最後は感動したけれど、やっぱり僕の中でFirefighterムービーは『バックドラフト』。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.8
「グラスを早く空にする勝負」に笑ったwそうきたか。ストーリー的には無難にまとめてきたと思うけどなんとなく消化不良。ただいい職場の同僚たちだなぁ羨ましいなぁとは凄く思う。いい意味でも悪い意味でもアメリカ的
純粋に人を救いたい思いで消防士になった一人の青年の物語。

恥ずかしながらホアキン・フェニックスの存在を「ジョーカー」で知った私からすれば、想像もつかなかった青年像に驚いた。これが上手くハマっているから凄い。
隊長役ジョン・トラヴォルタの頼れる上司キャラも魅力的。

消防士仲間たちとの絆、危険と隣り合わせな消防士を心配する家族の存在。一人を通して様々なドラマが描かれる。

火災現場のシーンでは映像的な迫力もあり、手に汗握る。

消防士映画の良作。
我々に必要なのは勇気だ。
shinji

shinjiの感想・評価

4.3
この映画でホアキン・フェニックスが好きになりました。
そして映画もとても面白く、泣ける。
消防士という、自分の命をかけて人を救う職業の素晴らしさを思い知らされる。
ひとりの消防士の生き様、友情や恋愛も描かれていて、純粋にいい映画だと思う。
もっとたくさんの人に観てほしい。

エンディングの曲、Shine Your Light も最高に良かった。
highbury

highburyの感想・評価

4.0
【消防士人生】

消防士人生のストーリー。
職業に上下は無いと思いますが、やはり自分の命をかけて仕事をされている方には頭が下がる思いがします。

救助を待つ現在と、これまでの消防士人生の場面が、交互に流れる構成が非常に効果的でした。

ホアキン・フェニックスはやはり熱い男が似合います。
>|