アラジン

ミッション:8ミニッツのアラジンのレビュー・感想・評価

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)
3.5
列車爆破事件で死亡した教師の脳内に残る爆死8分前の記憶に意識を同期させる軍事プログラムの被験者が主人公。
主人公のスティーブンス大尉が8分間のウチに列車爆破犯による次のテロを防ぐ糸口を見つけ出すミッション!

面白い環境設定です。
何度か繰り返す8分間で次第に分かってくる自身についてと事件の全容と犯人。。。
ミッション成功も過去は変えられないのか…列車爆破を防いだとしたらパラレルワールドとなるのか…

ラストもそっちに落としどころ付けたかぁ〜って感じ!
この手の作品は深く考えず鑑賞することをお勧めします。