82年生まれ、キム・ジヨンの作品情報・感想・評価・動画配信

82年生まれ、キム・ジヨン2019年製作の映画)

82년생 김지영/KIM JI-YOUNG, BORN 1982

上映日:2020年10月09日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「82年生まれ、キム・ジヨン」に投稿された感想・評価

コップに注がれ続けた水がたまたまジヨンの代で溢れてこぼれただけであり、その「見えにくい敵」を浮かび上がらせることが本作の肝だと感じたので、通院以降の部分は蛇足に感じてしまった。
ジヨンの周囲には基本的に悪人がいないというのがこの問題をややこしくしており考えさせられる。
元も子もないけど、本作の場合、コミュニケーション不足が目立ちすぎて、ふつうもっと早く伝えるでしょと思ってもやもやした。
ジヨンの娘にほとんどしゃべらせない演出も効果的。
主役のチョン・ユミは『新感染』でドンソク兄貴の妻役だったあの美人。
原作小説も読んでみたい。
ジニー

ジニーの感想・評価

4.3
妻として生きる女性の葛藤が痛いくらいにわかった泣
ごくごく普通の世界中にありふれた話。それでいてどんなに残酷で人が死んでいく話より、心がえぐられる話。今存在する当たり前っていつからあるの?誰のため?
女性であること、嫁であること、母であること。それらの「アタリマエ」という圧力に疑問を提する事すら出来ない。誰もこれを搾取であり問題として弱音すら言えない。いや、元々気付く事すら出来ない構造。
でも時代はゆっくり変わり始め、変化を望まない人(楽だし安心出来るから)も巻き込んで、誰もが少しずつ、面倒だが、誰もが自分を偽らない世界になれば…。という希望を示してもいる。「タリーと私の秘密の時間」とも共振する物語。
えぬ

えぬの感想・評価

4.2
観ながら何度も「女性ってだけなのに…」って思い、胸が苦しくなる。デヨンさんも妻のことを思って考えてのことだろうけど、客観的に見ると今まで培われてきた彼にとっての「普通」をジヨンさんに言っていて、それは女性のことを深く理解しようとしてこなかったことだと思う。義母だってジヨンさんのことを思って言ってるのだけど、それは自分がそう育ってきたからそれを当たり前としているのだとも思う。結局は作り上げてきた社会にわたしたちは閉じ込められているのかも。
思い返せば、番号順は男の子が先だったし、学級委員も1番は男の子だった。きっと社会に出たらもっと苦しいことはたくさんあると思う。ありきたりな感想だけど、こうやって当たり前だとされていて見過ごされていたことを考え直すきっかけになる。まずは知らないと始まらない。

20210928
はるぴ

はるぴの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

原作より救いのある終わり方。あまりにも理不尽な世界で、重苦しい気分になる。病院を進めたりと夫も寄り添おうとしてくれて優しいけど、本質を分かってるような分かってないような…。でも最後はジヨンの表情が明るくてよかった。
就活が決まらない…というシーンでジヨンの母が「大人しくしてちゃダメ、好きなことをしなさい」というような事を言ってたのが印象的だった。
何となくジヨンと自分の将来を重ねてどんよりしてたけど、誰かの母、妻である前に一人の人間であることを忘れないでいたい。
ミク

ミクの感想・評価

3.8
結婚・出産・子育てどれも経験したことがないから共感はできないけれど、心がギュッとなった。「結婚は?子供は?」と言われ続けていたときからジワジワと精神が追い詰められていたのだろう。デヒョンはデヒョンなりにジヨンを労わってるんだろうなという絶妙な気遣いがまたつらい。

自分の異変に気付けないほどの疲労。夢を諦めたり好きなことが思うようにできない、多くの母親が思っていることなのかな。また自分が同じ立場になったら観たい。
t

tの感想・評価

3.9
今現在働いていても、女性だからという理由で働きづらさを感じる瞬間はいくつかある。それでも男性が育休を取りやすかったり、赤ちゃんを連れている女性に優しい人が多かったりと、日本は恵まれているなと思った。

韓国の女性の生きづらさを描いた点では、『はちどり』と似ていると思ったけど、
出産、育児、義母との関係と、こっちの方がリアリティがあって分かりやすかった印象。(分かりづらい方が良いとか悪いとかではなく。)

ジヨンが生きづらさを感じる度に、今まで経験してきた理不尽が回想されていく構成が、理不尽な思いは心の奥底、根深いところに残ることを教えてくれる。

公園で理不尽な言葉に対して何も言い返せなかったジヨンが、カフェで言い返すシーンがスッキリした。「あなたは私の何を知ってるの」「見て10分の何も知らない人をよくもむやみに傷つけられるよね」もっと言ってやれ感はあったが、苦しい思いをしてきたジヨンが発したということだけで全勝。

そしてなんと言っても、夢を諦めた母親が、自分の娘に「やりたいことをやってほしい」「とにかく健康でいてほしい」と願う姿。
以前私が就職の健康診査で再検査の通知が来た際、「先天性のものなの?大丈夫なの?」と両親からひどく心配された。私は"日常生活に支障がないからどうせ大丈夫だろう"と楽観視していた再検査の結果も、1番気にしていたのは両親だった。
その子の努力とはかけ離れた"それ"によって子どもの生きる自由を侵害されるのは、親にとってすごくつらいことなんだ、とその愛の大きさを感じた。
この映画で1番泣かされたのは、理不尽と戦うジヨンの姿も然り、ジヨンと母親の親子愛だった。
RUI

RUIの感想・評価

4.5
公開してすぐ母と観に行きましたが、登場人物達を母や自分の苦労と重ねてしまって涙が止まらなかったです。韓国で社会現象になった理由がわかります。女性はもちろん男性こそ観るべき映画だと思います。
韓国映画は社会問題を取り入れるのがやっぱり上手い
コン・ユのイノッチ的な風貌がポイントなんだろう。
いかにもな関白夫ではないが、こうして客観視されると悪い部分がどんどん見えてくる。
お寿司

お寿司の感想・評価

3.3
随分前に映画館で母に誘われ鑑賞。
私には難しい映画だったみたいです。

でももう一度ゆっくりみたいと思う映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事