TEPPEI

TENET テネットのTEPPEIのレビュー・感想・評価

TENET テネット(2020年製作の映画)
3.7
「映画館は闇に包まれてしまった。だが、決して映画がその価値を失うことはない」
クリストファー・ノーラン監督はこの苦境な時代でも、スクリーンでの体験にこだわり、こうして最新作「TENET」を観客に届けてくれた。間違いなく偉大なフィルムメーカーである。そんなノーランの最新作は人類滅亡を防ぐために''時間を逆行''し、世界をめぐる男を描いたスパイ映画。元々大の007シリーズファンであるノーラン監督待望の国際スパイ映画は、さすが一筋縄ではいかない、奇妙なコンセプトを加え、まさにそれが「時間」というテーマである。
ネタバレ厳禁でレビューしたいが、まずは巷で難解すぎる、理解できるか不安という声もあるが「ドニー・ダーコ」やこれまでのノーラン作品を網羅しているSFファンなら熱狂間違いなしである。

そうまさにこの映画はノーラン監督自身が「僕の映画を観てるやつなら分かるよね?」って言ってもおかしくないほど、ストーリーラインのスピード感と難解度は暴力的だ。かと言って詰め込み過ぎというわけでもなく、よく聞く「メメント」に酷似してるというわけでもない。
これはノーラン自身も述べているが、「メメント」や「ダンケルク」、ほか作品でも多用されるクロスカッティングや時間の操作はあくまで演出でメタファーだ。対してこの「テネット」の凄まじいところは''物理的な現実、つまりきちんと通常の時間軸の世界と''逆行世界''という2つの世界が存在しているのが大きな違いであり、ノーラン史上最も挑戦的なテーマと言える。
詳しいルールは鑑賞してからのお楽しみだが、僕から言えることは、空間は逆行できても、時間は逆行できないということだ。この映画のポイントは''逆行した時間のぶんだけ過去にいける''というのが、より正確な''時間の逆行''の説明と言える。

たとえば僕が一年前に遡って、現在まで暮らしたとしても年齢自体は1年歳をとるということ。これが空間が逆行できても、時間の''経過''が止められるわけでも、戻せるわけでもないということ。それがこれまでのタイムトラベル映画との差違だ。

革新的な映像を作り上げるノーラン。今回も逆再生の驚異的な映像世界も去ることながら、CGを使わない本物にこだわるあまり、逆行シーンすら撮った映像を逆再生せずに本当にカットを重ねて逆行の動きをさせて撮影とか鬼畜すぎる笑。壮大なスケールとは裏腹に普遍的なテーマの多いノーラン作品だが、今回は映画の世界観の難解さや壮絶なアクションに比重が置かれて、登場人物たちのドラマパートは少し弱い。
唐突なキャラクターたちの登場に目まぐるしさもあるが、アンサンブルお得意のノーラン監督作品に出演した新顔たちがとにかくハマっている。

脅威の身体能力でスタッフすら足が追いつかないデンゼル・ワシントンの息子にして、主役である''名もなき男''を演じたジョン・デイビッド・ワシントン。俺ノーラン大好きだわと公言しちゃうあたり、好感度高い。
個人的な大穴はやはりロバート・パティンソン。最新作の「ザ・バットマン」にも期待は大きいが、彼のカリスマ性や心強い味方というキャラクターに絶妙なキャスティングで素晴らしかった。悪役を演じたケネス・ブラナーはノーラン作品には珍しい''どっからどう見ても悪役なクソったれ''で、暴力的な、エネルギッシュな感じはやはり007の悪役にオマージュを捧げているようだ。

「インセプション」にも通ずるコンセプトや作品全体のつくりは少し大味なものもあるが、ノーランがベストを尽くして最高のチームで作った誰も観たことない映像世界に没入すること間違いなし。なんじゃこりゃあ!!ってなる。基本、混沌。スタイリッシュさはない。

総評としてクリストファー・ノーラン監督が描く壮大なSFアクションは、ノーラン節全開で多くの観客を混乱させるが、今後の映画業界を変えるその異質さと凄まじい視覚効果は声を大にして「劇場で観ろ!観るべきだ!!」と叫びたくなる。最高傑作ではないのだけど、ノーラン節全開って意味ではこれぞ彼の集大成。さて、もう数回観に行こう。