TENET テネットの作品情報・感想・評価

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

人間性

人間性の感想・評価

4.4
面白すぎる。
ずっと高速道路逆行カーチェイスのケネス・ブラナーのものまねをしています。
ところでロバート・パティンソンはまどマギのほむらちゃんだと思ってたのですが、正確には新劇のさやかの方が近いかもしれない。
物語としての完成度も映像面の完成度も非常に高く、(自分がそうだったんですが)難しそうだからと敬遠している人がいれば是非気軽に見て欲しい作品でした。

『かなり難解で何度も見ないと理解できない』といった話をよく聞いていたのでだいぶ身構えながら鑑賞に臨んだのですが、タイムトラベル/タイムリープ系の作品に触れたことのある人なら大筋での理解は容易な部類だったと思います。

特に時系列が(文字通り)入り乱れるカーチェイスのシーンは一度で全てを理解するのは不可能で『何度も見ないと理解できない』と言われている所以だと思いますが、カーチェイスの結果として得られたもの・失ったものだけ把握しておけば物語全体の理解に影響はない(はず)なので、作中でも語られるように感覚的に楽しむのが一番ですね。
ニールの運命を理解して泣いた
m

mの感想・評価

4.5
分かりそうで分からなかった2時間半だけどニールがめちゃめちゃいいやつなことは分かった
良くも悪くもなんだか凄い物を見た…
ストーリーとかあんまり理解出来なかったけど、今まで見た事の無い映像や「考えないで、感じて」とか「少し寝ろ」とか考えても無駄ですよ〜とセリフで言ってくれたので気軽に見られた。
正直、エンドロールの時に流れるトラヴィススコットのthe planが重低音がズンズン響いてそこが一番興奮したしワクワクしました…
suzuken

suzukenの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

まず映画業界が落ち込んでいる今、これほどインパクトのある作品を公開してくれたことに心から感謝してる。劇場で見る素晴らしさを思い起こさせてくれた。

肝心の作品についてはもう最高すぎた。
時間が逆行したらどうなるかなんて誰も知らない。でも描かれた映像をみると本当にそうなるだろうなと思うほど、精巧に作り込まれている。フィクションなのでそれが科学的に正しいかなんてどうでもよくて、自分の理解に及ばない現象を目の当たりにしているという凄みが最高だった。
そして"壮大な挟み撃ち作戦"、主人公名も無き男とニールの友情には胸が熱くなった。ニールが繰り返し言っていた、「起きたことは仕方ない」、「無知こそが武器」とはこの友情を円環を繋げるための主義だと思った。ニールは全て知っていながら、作戦に矛盾を起こさないよう主義を守り通した。そしてそれは名も無き男に引き継がれ、今度は彼が役割を果たす。自分が未来の黒幕となるという発言もその意志の現れのように感じた。

登場人物が多くて関係も複雑。話の展開はスピード感があって、時間の逆行という特殊な要素もあり、一度見ただけでは理解ができない作品。そこであまり面白くなかったと済ませてしまうには、とても勿体ない。セリフでも描写でも説明はしっかりとしてくれるので、絶対に理解できるし、2回目の方が遥かに楽しめる作品なので、是非もう一度見てみましょう。
どうなってるかわかんないけど
ただただ興奮した。。
飛行機のシーンすげぇ。。
2回目見てきました!!
前回は1/3も分からなかったけど、今回はほとんど理解できた✨
もう1回観に行ってもいいな〜〜

それにしてもノーラン監督お得意の時間軸ぐちゃぐちゃ展開でしたねw
天才なのは分かるけど、もうちょい説明欲しいよ〜〜😂😂

そしてロバートパティンソンかっこよすぎて、最後胸打たれること必至です💘

あと、キックアスでヘタレ童貞だった子がこんなにたくましくなってて、、勝手に成長を感じてました😌
さっこ

さっこの感想・評価

3.0
流行りに乗って見てきたけど、伏線回収できなかった
No14

No14の感想・評価

4.2
誰もが妄想したことがあるであろう時間が逆に進む世界を科学的知識と緻密なストーリー構成で映像化、言語化出来てしまうノーラン監督はやっぱり天才。これまでのノーラン監督作品の中で一番自分の理解が追いつかない映画だった。間違いなく新感覚だったし、圧倒的な完成度であることは伝わってきたので整理して再鑑賞したい。逆光で伏線を回収する爽快感とかは伝わってきたけど逆行の時間軸トリックに頭がついていけず置いてかれてしまった。きっと複雑な設定を数回観て理解を深めていくことを前提として作られていてその度に評価ぎ変わっていくような映画だと思う。
>|