TENET テネットの作品情報・感想・評価

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.3
観たことがない目新しいアクションムービー🕐ノーラン流石🕖

逆行する時間を上手く捉えるには直感が必要。それを映像で見せてくれているのだが、中々咀嚼できなかった。あと2、3回は観るかな。

2020/10/10 再鑑賞
パンフとか読んでから臨んだので、100%ではないが感じることができた。

ニールカッコよかった✨
み

みの感想・評価

3.5
難しかった。難しいけど繋がった瞬間めちゃくちゃスッキリする。主人公とニールの会話についていけなくて初めて映画館でうとうとしたかも。最初のオペラハウスと挟撃作戦かっこよかった。解説付きでもう1回みたい。ドルビーシネマ。
アヤノ

アヤノの感想・評価

4.5
考えれば考えるほど分からないことが多い…
けどそれすらも含めて作り込んでいるとしたら、もう完敗です。クリストファーノーランの世界にどっぷりはめられた…

全体的にかなり重厚に作られているので音や映像美だけでも十分楽しめます。映画館で観てよかった、もう一度みたい!
カイ

カイの感想・評価

4.0
ストーリーの複雑さに怯えながら鑑賞を始めましたが、冒頭でその心配は吹き飛びます。迫力のある映像に全身で浸ることができる稀有な映画。

スパイ映画という物語の柱があるので、途中で置いてけぼりをくらっても最後まで楽しめると思います。

グランドシネマサンシャイン12階スクリーンでの鑑賞を強く推す!!
issi

issiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

時間差投稿。

人生で初めて2回映画館で鑑賞した映画。


個人的ポイントをまとめると

①タイムトラベル系映画でも完全に新ジャンルを確立した

エントロピーの減少、反粒子など、物理学の要素を入れ込みながら
あたかも現実になりそうな話を展開しているのがまず男心をくすぐる。。。
最初にことわりをいれておきますが
この映画の破綻や、エントロピーと反粒子は別だ、という意見があります(もちろんそれは映画に対するdisでないのはわかってます)
が、それらをフィクションとうまく混ぜ込んで観客を騙す力も含めて監督の手腕だと思います。なので映画や物理学の破綻についてはあまり触れません。

タイムトラベルではなく、あくまで時間の逆行。過去へ戻れるが、その過程まで描くというのは誰もやろうとしてこなかったこと。
このアイデアを素粒子反粒子のことから得たっぽいですが
それでもそれを映画として成立させるのが本当にすごい。
しかもIMAXカメラを過去最多時間稼働させてるんですよ。。。
はやく007撮らせてやってくれよ。。。笑

カーチェイスシーンは本当に難解すぎますがあれを映像にしたのは本当にすごい。
セイターがカーチェイスシーン以降の未来に存在していないという事実を理解しないと到底理解できないし、
理解してても彼の動きを頭の中で想像するのは鑑賞中は無理でしょう。
彼は過去の情報を知っているので結果を知っている(逆行中は原因と結果は逆になることを利用した挟撃作戦)ということが見落としがち。
その上、まずここの映画の世界が決定論的世界であることを理解していないと挟撃作戦の意味が理解できない。
過去のタイムトラベル作品は全て過去を変える、もしくは現在を変えるために過去を変えるものが多すぎたので
「現在のために過去を利用する」挟撃作戦は今までのタイムトラベル系映画とは一線を画すアイデアだと思うのです。
またそうすると同じ時間軸に同一人物が複数(2人どころではなく5.6人も)いることにも理解が追いつかない人が多数なのも事実。。。

その難しいアイデアをスパイ映画でやるもんだからさらに…ですね。
個人的に今回の編集は画期的だったと感じています。
ヘレディタリー継承の編集の人なのかな。
過程を極限までカットすることでテンポがめちゃくちゃ早いですが
一度ついていければせっかちな人にとっては良いテンポ。
ですかコロナの上映時間なども考慮された作品時間にしたと聞いているので
ディレクターズカット版が出ることを切に願っています。
そこで未だ解明されてない謎が明かされるかもしれませんね。。。


②俳優の良さ
まずRobert Pattinsonが本当に大人の艶のある俳優になっていた。。。
今までB級とまでは言わないがシネコン映画ばかり出ていたイメージだけど
ここまで味のある俳優だったとは……今回は彼の演技に脱帽です。

さぁ、ニールについてですが
彼にはかなりの憶測が飛び交っていますが、
それだけの憶測が飛び交う程彼は魅力的なキャラクターですし、
彼のファッションセンスがズバ抜けて良い…。
空港のシーンあたりのスーツの着こなしはシビれますね。

彼が結局どういうバックボーンを持つのかは明かされなさそうですが
それがノーラン作品の良さ。
続編が観たいという声もありますがこれは続編を作ってはいけない映画。
と、個人的には思います。


主役のDavid Washingtonも良かった。。。父Densel Washingtonとか血筋すぎる。。。

Michael Kaneは出てくると安心しますね。
役所も最高でした。笑

キャストの演技によってこの映画のリアリティが底上げされたと言っても過言ではないくらいです。
北野組ならぬノーラン組最高。

キャスト関係ないけど
音楽も良かったなぁ。
Ludwig Göranssonさんですって。
Hans Zimmerの次はこの人かなぁ
Hans Zimmer普通に売れっ子すぎて仕事受けすぎなんだよなぁ笑
今回もTENETの依頼きたけど既に3件?大作映画の音楽担当してて無理だったらしい。。。笑

まとまりなくなってしまいますし
書きたいことは山ほどあるのでこのへんで。。。
やすだ

やすだの感想・評価

4.8
だいぶ凄かった
0.2マイナスは、私の理解力が追いつかなかった点
M

Mの感想・評価

4.4
よし!めっちゃ集中してみるぞ!理解するぞ!っという意気込みで観ました。80%くらいは理解した気にはなれるけど、「あれ?やっぱりあの時はどういうことなの?」って考え始めると、もうどんどんわかんなくなっていっちゃうからもう一回見たい!!ってなる。そんな難しいけど面白かった!!!って思えちゃう本当絶妙なラインをタッチする最高な映画でした。映画見終わったあとに、友達とめっちゃ解説読みまくってストーリーの答え合わせとかするところまでも楽しい。
Robert Pattinson、どうしてもtwilightのEdward Cullenの印象が強いんだけど、この映画の役、本当よかった!!
MARIA

MARIAの感想・評価

4.0
要はこういう事でしょ?的なノリでみたら素直に観れた
>|