TENET テネットの作品情報・感想・評価

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

とても面白かったが、ただのエンタメ映画であった。
ノーランらしい円環構造になっていて見事。
難しいことなんて考えずに流れに身を任せろといった映画。
難解難解いうから展開に追いつこうと必死だったけど途中からむりとおもってひたすら空間に入り込んでた 考えるな感じろ的な。 やだって見てても見終わってもまったくわからんもん。わからんけどめちゃ楽しかったよ! 壮大すぎてコロコロ変わるから一向に飽きなかったしチョーかっこよかった。 複雑すぎて追いつけないしラストなんてもう何が何だか、という感じだけど、なんというかこんなの考えてるなんてこの監督気持ち悪〜(褒め言葉)

て見終わった後に書いてたけど、なんか解説みたいな、設定時系列その他をいろいろ整理してまとめて書いてくれてるの読んでちょと鳥肌立っちゃった、、
体験型映画だと思ってたけど相っ当緻密によくできてんじゃんこれ、、、
改めて整理し直すとめちゃくちゃもっかいみたくなってきた2回目のがおもろいてそゆことだねすご、、本当に今すぐみたい、、、
にしてもほんとにこの監督頭の中どうなんなの気持ち悪(大いに褒め言葉)

あとニールカッコよすぎシンプルになんでそんな善い人なのかおしえてほしい。
ず

ずの感想・評価

5.0
物語の最後の方の「始まりと終わり」を理解した瞬間切なすぎた…ノーラン監督作品は何度観ても次々に発見があるから面白い。

このレビューはネタバレを含みます

クリストファーノーランお得意?の重層的タイムライン映画。細けえこたあいいんだよ!的なパワーで押し切る演出もありつつ映像的な面白さと気持ちいいテンポで長さを感じさせない作品でした。
個人的にはビルが順行逆行同時に爆破させるところがすごく面白かった
そして音楽がめちゃくちゃに良い
また見たいなと思う作品です
Art

Artの感想・評価

4.8
設定が好き。後から解説とか考察みると、また面白いのもアツイ。
ウメ

ウメの感想・評価

-
ニールのかっこよさで2時間乗り切った


正直何してるかさっぱり分からんかった
でもアクションとか、主役2人のバディ感がかっこよくて2時間飽きずに見れた

分からなかったけど、なんだかすごく映画を観たな!!て感じがした
ダンケルク観たときも同じようなこと思ったな
家で観てたら絶対最後まで観れてないと思うので、映画館で観れてよかった。音とか迫力的にも。
もう一回見ます
Fano99

Fano99の感想・評価

3.7
難しい一回観ただけだと分からない!
家で一時停止してみたい。
ふじ子

ふじ子の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ニール、好きだーーー!!!セドリックだって気づかんかったー!!!

めちゃめちゃ難し面白くて、友達と永遠に考察会議してた。脳みそ沸騰するかと思った。これは観終わってからあれこれ考えて、もう一回観るまでがワンセットだなあ。クリストファーノーラン、どんな思考回路してたらこんなとんでもない作品を作れるんだ。そして、これどうやって撮ったんだ。すげえ。これIMAXで大正解だったな〜。


わからないこと

同じ世界線に同じ人が複数人存在する仕組みは分かったけど、そのあとどうなるのか?
それぞれの人がそれぞれの人生を生きるのか、それとも何らかのタイミングで1人に統合されるのか。
前者だと、私たちが映画で見た場面が永遠にループすることになる&主人公は無限に増える?後者だと記憶や怪我はどうなるのか?
キャットはセイター殺害時には2人いたけど、マックスとのラストシーンでは1人。主人公に事前に電話しているということはセイターを殺害したほうのキャットの自我があるってことだなと思ったけど、そしたらもう一方のキャットはどうなっているのか?あれだけ命より大事なマックスと離れて暮らしているとは考えられないから、やっぱり何らかの方法で合体しているのか、、、あのキャットにはお腹に怪我があるのか、、、もうわからん^_^
ぴ

ぴの感想・評価

4.9
映画史に残るといっても過言でもない大作だろう。

映像技術、ストーリー、コンセプト、演出すべてにおいて抜きんでていた印象で、純粋にノーランと同じ時代に生まれることができたことに、嬉しさを感じ得ないのである。

私には、後悔できない後悔があって、それはキューブリックのいる時代に、映画を知れなかったことである(キューブリックが亡くなったのが当時6歳とか)。

だが、キューブリックが残した足跡に、フィンチャーやノーランが立っている。そして、その時代に生きれているのだ。そんな壮大な感動を味わった。

内容は、ざっっっっっくり言うと「メメント+インセプション」という感じ。
映画の後半から時間が巻き戻りまくるので、そこからの興奮は止まらなかった。特にハイウェイのシーンは、あれ絶対ノーランが撮りたかっただけでしょ、という感じ(褒めてる)。
ちなみに噂の飛行機のシーンはさすがに規模がデカすぎて笑った。

「難解だ」とか「2回見ないとわからない」とかいわれていたが、そこまで身構えなくても楽しめた。ただ、一つ一つのシーンを丁寧に鑑賞しようと努力はする必要はあるかもしてない。また、DVDが発売されたあとに、ゆっくり鑑賞したいとは思う。

ちなみにラストは泣いた。それは2つの意味でである。
1つは単純にロバートパティンソンの運命に対して。
もう1つは、「感動を味わえるくらい、TENETを理解できたヨ!」という自分自身に対して。
>|