TENET テネットの作品情報・感想・評価

上映館(364館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

1回止めたいやつ
エントロピーが減少する世界での戦い
新しい映像体験ができる

以下ネタバレだが、この映画はネタバレとか関係ない笑

主人公のキャラが一番薄く、ラストは未来との「時間の挟み撃ち」で終わるという今までにない構成の映画で面白い

デビッキさん背が高すぎ
何しても映える
セイターはちっちゃい男なんだよな笑

ノーベル賞学者キップ・ソーンがバックにいるので、物理学の裏付けがすごい

なにより、ニールって、あの子だよね?。。。そう思うとラストは感銘

途中で一時停止できない映画館という「巡行」の時間で鑑賞
後でDVDでたら「逆行」しつつ鑑賞したい
りくな

りくなの感想・評価

3.0
長くて飽きちゃった笑
観終わった後は面白かったーってなって、あと1、2回観ようと思ったけど熱が冷めちゃった笑
moo

mooの感想・評価

3.1
難しい!

時間が戻る設定で撮ってるって、シナリオの構成すごいなって思ったし、さっき流れてた映像ってこういうことだったのかと思わされる部分も多くて、見てて面白かったんだけど、頭フル回転させないとついていけなかった笑

ヒーローものの映画と世界の危機的なことは変わらないと思ったんだけど、それを時間を逆行させることで際立たせてる感じがした

終始暇がない、つまんないなんて思う隙もないくらいテンポが良くて面白かった
ノーランの時制変則系だからSFだと思って観てたけど、SFというにはちょっと厳しい。

この手の映画は観る人のSFの定義域に納まるかどうかで満足度に大きな差が出ると思う。

ファンタジーというのは、これはファンタジーであるという前提と、序盤での世界観の設定の開示があってはじめて楽しめるものだ。だからこの映画はファンタジーだと割り切って観ることもできない。つまりは、SFとして観る他なかった。

サイエンスフィクションのサイエンスをどこまで拡大解釈できるか。それにかかっている。

SFにもレベルがあると思う。
例えばレベルが5段階あるとすると、ノーランは毎回レベル5の雰囲気を序盤で用意してくる。これを本来のレベル相応にしてくれればもっと見やすいと思うんだけどな。ノーラン的にはここにレベル差はないという解釈なのか?
m

mの感想・評価

3.7
時系列わからなくなって、最後の方は迫力を楽しんだ。
主人公とニールの頭の回転の速さに惹かれた。
結末が分かってからもう一度見ると
あっ!あっ!このシーン!って箇所が無数に出てきて面白い。
naco

nacoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

難解だが面白い。アクション派手。考察を読んで分かったがニールはキャットの息子だったのか。「これが美しい友情の終わりだな」は意味がわかると泣ける。2回目観たい。
あえば

あえばの感想・評価

4.4
頭をフル回転させながら
時系列を整理して見る作品だった

なかなか楽しめた!
>|