TENET テネットの作品情報・感想・評価

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.8
話題なので観てみた!
名作のようで、迷作感ある。

大枠のストーリーは、主人公の主観的な視点と割り切って解釈したら、世界を救うタイムトラベラーみたいなのかな。

非常に難解なのではないかと警戒しながら観たせいか、思っていたよりはずっとシンプルな話だったと思う。

細かな演出が、ある種、全て観客の自己解釈に任せている。エントロピーにしろ反粒子にしろ、映画のような現象は現代の物理学でも証明できないらしいし、映画内でも説明がないので、そうなる。

実は、個人的には最初から最後までグチャグチャな編集をしている、ぐらいの感覚で観ていた。細かな演出、台詞回し、なにか違和感がずっとあり。そこに対してすら、正解がない。

実験映像としてなら、色々な時間軸の考察は面白いと思う。ただ、エンタメ映画としては、インセプション等の方が圧倒的完成度な気はする。
wan

wanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

難しいって聞いてるし多分1回見ただけじゃ分かんないんだろうなって思って見たらこんなに分かんないかねってくらい全然分かんなかった!

最初に言ってた合言葉みたいなやつを敵の人が言った時主役の人が初耳みたいになってた時えーそういう感じ?これ全然分かんないやつじゃんて

時間は逆行してるのに主人公は普通に動いてるの映像でこんな分かんなさ見たことないー面白いー!ってなった!

音楽良かった!映画館の音響で聞くのめっちゃよかった!
妻と子供らは鬼滅の刃、私はレイトショーでTENET初鑑賞♪

遂に時間軸戦争へ参戦です。

エゲつない映画でとにかく不親切。
主人公にも不親切w
主役だと言うのに名前すら明かされないし、本人が何やってるのかもイマイチ解ってないっていう悪戯なストーリー展開で、鑑賞側は否応なしに翻弄必至。

劇中で繰り広げられるアクションも、ヘンテコリンな動きや、あからさまに逆を行ってるアレやコレやの伏線大放出。
ただ、これらが回収されていく様は確かに見応え十分で革新的な映像マジックと絡みまくった脚本に驚愕もの。

この映画、序盤は色々見逃さぬよう、見落としなきように瞬きを惜しむ勢いで観てみたのだが、いよいよ中盤辺りで漸く気付く。
「あれ?この映画、諸々理解出来ないヤツだわ」と。

そこからは「理解出来ない事だらけ」が逆に楽しくなってくる。
時間だけでなく、思考回路さえも逆に考えると意外と楽しめた♬

最新の映画館での鑑賞ということもあり、ド迫力なサウンド体感と、ノーランマジックアワーに浸る事、そして革新的映画の琴線に触れる歓びを【映画】として味わえた。

しかしながら
極上のエンタメ映画?と自問してみると、「違うね」と自答する。

【TENET 】
→TEN♾NET←のキーワードで言ったら、遥かにメメントのTEN(10分)が面白かったし親切だったと思う。
あっち側の人とこっち側の人のアベコベさ加減で言ったら、インセプションで既視感ありだしあちらに軍配。
物理や数学論、時空や次元の何やかんやは、深い愛をテーマとして親切に描いたインターステラーの没入感がヤバかったし心に残る。
唯一、戦争?をテーマにした辺りで比べればダンケルクよりは良かったのかも!?

総じて、2020年秋の時点で超個人的趣向だけでノーラン監督のマイベストと言ったら【ダークナイト】に落ち着いてしまう学力と知識の薄さよ、、、(自滅w)

私個人が映画に求めるもの。
それはやはり万人が喜ぶような娯楽エンターテインメントや、心を揺さぶられるようなヒューマニズムやフィロソフィーなんだなぁと実感させて頂きました。

結論
「観て良かった作品であり、今は何度観ても理解は出来ない作品だわ」
というのが率直な感想。
実際にあの“回転扉”?を目の当たりにする未来にならないと、、、ね。
作品自体もすごく面白かったし、劇中に使用される楽曲がかっこよかった!
グランドシネマサンシャインのIMAXレーザーGTで観たけどこの選択で間違いなかった!大画面で観てこその映画だし、楽しさ十二分に吸収できた。
難点を言えば、人物描写が全体的に希薄なので、とある人物以外はあんまり魅力的に思えなかったり…。エリザベス・デビッキも素敵ではあったんだけども…!!
Fuka

Fukaの感想・評価

4.0
絶対に池袋のIMAXで見ると決めてたら公開から少し乗り遅れ、感想ちゃんと考えて書こうと思ってたらレビューすらも乗り遅れた。もう見たての頃のフレッシュな感想かけなくなってしまった…

すごい覚えているのは、ブラッククランズマンのイメージ強すぎて軽い役じゃないのに軽く見えちゃう頭の中の葛藤です。
あと緊迫シーンなのにノーランの新作をフルサイズIMAXで見れる喜びで序盤うるうるしていたこと…
あ

あの感想・評価

4.7
わかったようなわからないような
でも凄い面白かった!
その日1日は何かと逆の動作して逆行したわ、とか肉焼いた時にめっちゃ冷たいとか言いまくった
cheese

cheeseの感想・評価

4.8
ノーラン監督!!!!
青と赤が入り混じり始めた辺りでついていけんくなった、、
これは家でゆっくり何回も観たいです。
mizu

mizuの感想・評価

5.0
初回観て、パンフ買って話し合い
2回目観て、残った不明点を解説動画に頼って、たぶん不明点なく理解できた...と思う
シュレディンガーの弾痕...
とりあえず凄まじい映画
>|