TENET テネットの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

よぺ

よぺの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

初IMAXをTENETで
IMAXすごすぎ。こんなに違うかって感じやった。

前半見ててもしかして…って思ってた部分が当たったりしたけど、それでも逆行と順行混ざってから頭パンクした。視神経から頭ん中まで全部ぐちゃぐちゃにされた。
考察読みながら観たい笑
クリストファーノーランは夢の中やったりブラックホール、時間逆行とか、非日常で、わくわくの題材ばかりで素敵やなぁ〜。
最後急に、あの小説映画みたいな結末になって泣きそうやった。エンディングback number流れてたらたぶん泣いてたな〜。

黄昏に生きる 宵に友なし


鬼滅の刃終わりの孫とおばあちゃんに出くわして、孫よりおばあちゃんの方が映画終わりのテンション高かったのおもろかった。早く鬼滅観たい。
ety

etyの感想・評価

4.0
途中から理解することを諦めてアクションの爽快さを楽しんだ
ニールかっこ良すぎる🤦🏼‍♀️
みんながもう一回見たいというのは物凄い量の伏線を回収したいからなんですね

普段アクション見ないから2時間半長いな〜と思ってたけどあっという間だった
あ

あの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

一度観ただけでは細かいところまで観きれなかったし、理解が追いつかなくて2度観た。パンフも買った…!

1度観ただけでも、映画の登場人物の関係性は分かりやすかったので楽しめた。
キャラクターの性格や役割がとにかくシンプルで魅力的。
テネットの意味も逆行の原理も分からんけど、なんかすごい、し感動してしまう
とにかく与えられた使命を全うする登場人物たち
もうどこまでも映画だった……

ラストのキャットのダイブも最高!
なんだこれは…ここまで置いていかれる映画が果たしてあっただろうか…一つ思い浮かんだのは「メメント」。
これもクリストファーノーランだったな。一度では全くわからない、けど全くわからないのに引き込まれる。
何度も見返したいと思えた作品。

何でこんなになかなか頭に入ってこないんだろうって考えたけど、最後になって気づいた。主人公に名前が無いからなんだよね。そこにすら気が付かなかった…
流石の一言がでてまう、、👏

1度目では飲み込めきれず
2度目の鑑賞での記録😂

まずは呆気なく壊されていく車達に合掌。

解説から目逸らし続けてみた1回目よりも
必死に拾い続けながらみる2回目は頭脳戦

キャットのスタイルの良さに何度も釘付け🥺🥺

なぜ名前が無いのか??
あのビルは必要だったの??
ニールの正体は??
本当のことは教えてくれないの?
パンフレットにも明記されてない、、

セドリック爆イケ💓💓💓💓(ちがう)

難しすぎるから0.5マイナスの4.5…

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
説明少なくて分かりにくい映画やのに、みんな理解できないのを自分のせいにして、さらに自発的に考察読んでもう一回観に行くっていうのがすごい。
これまでの映画みたいに感動するとか笑えるどうこうじゃなく、分かりにくいっていう新しい価値が映画に生まれてた。

ただ世界を救いたいのか女の人を守りたいのかストーリーの軸がブレてて、そこら辺はいい意味じゃなくて普通に分かりにくかった。

主人公が奪った大事なやつを、女を助けるために相手に渡しちゃって、その後相棒のロバートパティンソンに「お前知ってただろ!!」みたいにブチギレてる時、いやなんでそんな強気になれんねんお前が全員から怒られろや!!って思った。

一緒に観に行った友達が途中でトイレに行ってて、世間の人よりもより一層分かりにくいTENETをみてた。
m

mの感想・評価

-
女科学者が主人公に逆行する銃弾を説明する際に言った「考えないで、感じるの」という言葉は、ノーランから我々へのメッセージとも言える。ということで、至極難解な映画ではありましたが、逆行する敵・味方諸々との攻防・アクション、逆行の足跡から過去を予測させる構造をエンターテイメントとしてビンビンに感じれたならば、この映画はそれでいいんじゃないでしょうか。

しかしながら、あまりにも頭のなかが混沌としているため、初見で得た情報を整理したい。序盤では、未来では第三次世界大戦が起こってしまって、それを阻止するために逆行のマシンを未来の何者かが送ってきたと思われたが、そうではなく、世界を破壊しつくしたいと考えた未来の何者かがセイターに使命を与え、それを阻止しようとするのが主人公側の使命?でもセイターが死んだら結局爆発するんでなくって?なぜ主人公はキャットに固執するの?主人公は誰に雇われているかわかっていなかったが、結局自分が黒幕であったのならば、「記録」しておけばよかったのでは?では、敵側の未来の黒幕とは?冷戦ということはアメリカ対ロシア?女のために戦う男と子を想う母としての女、という超古典的な図式。軍隊は敵も目的もわからず戦っているということを言いたいのかしら。
2割くらいしか理解できなかった。
どうしよう。
音楽が低音効いててノーランだって思った。
hontochi

hontochiの感想・評価

4.5
圧倒的映像。もうノーラン監督の世界にどっぷり浸かりました。溺れ気味でしたが。やや難解ですが一切の予備知識無しでどうぞ!
te

teの感想・評価

3.8
私が久しぶりにロバートパティンスン見たからか、雰囲気変わってる?かっこよかった、
まず迫力満点、逆行とかもう構成がすごいなー
最後とかもそういうことかとやっぱり思わされた。
内容を理解したうえでもう一回見たい