TENET テネットの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

💤

寝ちゃったのもありましてそもそも難解だったらしいのでよく分かりませんでした、、
もう一度観ますすみません🥺

俳優さんたちの表情の演技が全員ずっと真顔だったのが気になりました

p.s.
監督:クリストファー・ノーラン
なんだ、ノーランおじさん。
ごめんなさい、もっかいみます。
あんなわかんなくて、最後まで普通に見れちゃうってなんやねん。
これぞ映画。
そしてノーランアクション苦手なはずなのに、最近大丈夫だな。
sn

snの感想・評価

3.9
衝撃、怒涛、圧巻。考えるのではなく、感じなければならないのは観客も同じだった。何の説明もなく繰り返される逆行。起きたことは仕方ない、けど何もしない理由にはならない。無知こそが最大の武器。作品を見ている私たちにも当てはまる言葉が多すぎて、メタ的な映画だった。圧倒的な世界観すぎて、一度観ただけで全ては理解できないけれど、ニールの大優勝だったな。個人的に理解できない世界のままめまぐるしく話が展開されるの、ジャニーズかと思った。
人物の設定や解釈、いつも以上に雑ですよね。ダンケルクではこの鈍感さがいい具合に作用していたかな~
考察の余地は充分あるけど、別にする必要ないな……と観たあとの感情だけを残して終わりにしてしまう。ノーランと私の相性が悪いだけだと思いますけど……
きよ

きよの感想・評価

4.0
全然理解できなかったけど、それでも楽しめた。過去に戻る系のものだが、ある地点に戻って進行するのではなく、時間を逆再生するという設定。斬新。
「少しでも理解できないと置いてけぼりになる映画」だと聞いていたので、心して見たが無理だった。初見で…いや2回目以降でも、解説を読まずに理解できる人っているのかな。解説を読んでも難しかった。
有り得ない・無理がある設定でシラケる…という方向ではなく、作り込みが凄くてよく分からないままでも引き込まれる。何やら未だかつて見たことのない、すごいことが繰り広げられている!という感覚だけで傍観。楽しめた。
エンドロールに色々な国括りで関係者の名前が流れていたのが少し印象的だった。
2時間半すぐに過ぎたから面白かったはずやけど一回では点数決めかねる。
最後の兵器急にアベンジャーズみたいでおもろかった笑
くみ

くみの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!!
後半になってあれもこれも繋がっていく気持ち良さにどっぷりハマりました。でも自分の記憶だけじゃ追いつけなくて、何度も何度も巻き戻ししたい衝動に駆られます。
あと、それだけじゃ解決しなさそうな謎がチラホラ。
ニールが男前過ぎるよ。
映画館帰りに色々頭の中で整理してるうちにニールの男気に泣けてきた。
見た時は何が起きてるかわからんけど、すげえ!言葉にならんほどすげえ!ってなった。

つい先日、知り合いから、もう少しで手に入りそうなものがあるから僕のためにそれを譲ってくれるという連絡があった。それは僕にとってはまだ到底扱えるものではなくて勿体ないと感じたが知り合いはそれを手に入れるまでの道のりで努力してくれている。だから、僕も当然努力して扱えるようになる。
必ず未来で会いましょう!
そんな熱い約束をした。
数年前ただ酒場にいた僕らが思いもせず、別のジャンルで合流することになった。
けど、僕らの今のこの行動のルーツは思えば酒場で話していたこの食材を誰が作ったのか?美味しいと心底感じれるか?という話だったように思う。
過去が今や未来を作っているし、未来への希望や約束が今や過去を動かしているとも考えられる。

勝手な解釈だけどノーラン監督も考えていたのかもしれない。そう思うとあとからこの作品がより素晴らしいと感じるようになった。
予期していないところにあった深い深い沼に足を取られてズブズブ。

この映画を観たオタクの女は9割9分9厘、ニー◯沼にハマります。
予備知識なしで見てほしい。
願わくば予告も見ないでほしい。

内容が理解できたら(これが一番難しい)10年に1本出会えるか否かの傑作だと思う。


以下ネタバレ








最後のシーンは友情の終わりの始まりだったんだ。
オペラ劇場で主人公を助けたのも、最終決戦で鍵を開けた死体も全部未来の主人公に雇われたニールだったと分かった瞬間、涙腺ぶわぁ。
しかも、自分が死ぬことも主人公の表情から読み取ってか、それとももう作戦内容として自分が死ぬことは決定事項として知らされているのか分からないけど、それでも主人公と世界を助けるために任務に行くという決意。
ニール=マックス(息子)説も、明示されてないけど二人がイギリス鈍りだったり、ブロンドの髪であったり、母であるキャットが撃たれたときに一人だけ取り乱したりと辻褄があってしまう。

一回見ただけでは分からないところばかりなのでもう一度観たい(2回目みる前に考察サイト見らなければよかった)す
takizawa

takizawaの感想・評価

3.0
・略奪系純愛モノ
・戦闘シーンはほぼダンケルク
・ネタバレでさんざん予習してから観ても所々よく分かんない
・ニールがイケメン
・ニールがイケメン
・ニールがイケメン