TENET テネットの作品情報・感想・評価 - 773ページ目

上映館(362館)

TENET テネット2020年製作の映画)

Tenet

上映日:2020年09月18日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

「TENET テネット」に投稿された感想・評価

ヒロインがめちゃ脚長い
どれくらい長いかというと後部座席から前席のドアロック解除ボタン押すくらい長い
エミオ

エミオの感想・評価

4.0
IMAXで鑑賞

「あー、アー、あ〜、あぁー」ってトーンの違う「あー」が心の中で何回も出た。説明しろって言われたら無理やけど、わかりやすかったよね?知らんけど。

観終わった瞬間からオカワリしたくなった。

9日後、2回目行ってきた。
難しいようで単純。単純なようで難しい。
そんな印象の映画でした。
映像は面白くて、一見の価値はあると思います。
久しぶりに日本の映画館来たけど、横がいないのはいいなぁ、と思いました。
nir

nirの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

話題になってたから観に行った!
話理解するのに必死で途中から頭こんがらがってたけど、ラストのニールでやられたのとデビッキ嬢が美しすぎてずっと見惚れてた。
keiko

keikoの感想・評価

3.8
映像も迫力があり見応えがある。
ただ、理解するのにやはり難解な部分もあるので何回か見て理解できるかなという感想。
面白かったしIMAXが素晴らしい。
設定が綿密ですごい考えられてた。
観終わった後に細かいところ調べてようやくスッキリした映画
えーこ

えーこの感想・評価

4.0
〈時間〉から脱出し、
〈未来〉の第三次世界対戦を止めろ!
これまでずっと時間をコンセプトに描いてきたノーランの集大成!?
007を彷彿するスパイ·アクション!!
時間の順行と逆行が混在する摩訶不思議、
ほんと観たことのない映像体験に驚愕!!
ほぼ全編IMAX撮影、
やっぱりこれはIMAXで観たかった、、

いきなりオペラハウスでテロ勃発、
どどどどどと重武装の特殊部隊が突入し、冒頭から誰が誰やら何が何やら怒濤の展開!!
ミッションのキーワードは〈TENET〉
逆から読んでも〈TENET〉て、
なんか意味があるんだろーね、、
逆再生みたいな効果音?もカッコいー

俺が"主役"だーとばかりに名もなき"主人公"を演じるはジョン·デヴィッド·ワシントン。
ボンドガールなエリザベス·デビッキ、
190cmてデカっ、田丸麻紀に似てる(笑)
ケネス·ブラナーの悪人顔にビックリ~

逆回転の格闘シーンはアクロバティック!!
本物のジャンボジェット激突のド迫力ったら!!
カーチェイスのカオス(笑)
でも逆行とともに、パズルのピースがはまっていくような赤と青のエクスタシー??

「考えるな、感じろ」てブルース・リーかっ
結局わかったようなわかんないような、、
ノーラン史上一番難解なんじゃ、、
だけど最後は涙がこぼれて感動してるという、、
とにかくノーランがスゴいのはわかりすぎるくらいよくわかる(笑)
philostory

philostoryの感想・評価

2.0
えーと、今観ました。。。

映画に没頭できる世界観全くなし!

音であらゆるシーンごまかしすぎ。

役の名前も覚えてないくらいのストーリー。

画面で何が起きてるかまったくわからん!
最後なんて、マスク被ってるから誰が誰かわからん!
なんかこれ観てジョンタイターのタイムトラベルの話とか、ヨーロッパ企画のこととか考えたからnoteを書きました↓

https://note.com/tumariedokun/n/na3c3b37f350a

---

これも日露冷戦が根底にある話だし
映画のストーリーではとくに、アメリカ人とロシア人の対立って、ステレオタイプって言っていいくらいみるけど
現実世界では米中の冷戦がはじまりつつあるよ、、、やめてくれ〜〜

なんか超話題作で映画の情報ありすぎると、まっさらな気持ちで観られないから感想が良くわからん…!

重低音が好きだったよ
すごく内臓に響いた

昨日『ようこそ映画音響の世界へ』みたから、やっぱ音は気にしちゃうよね
けっこう説明セリフとか多くて、地味?なシーンとかもあったんだけど、そこに音楽の力での盛り上げが入ってた気がする

迫力映像とか好きだったんだけど、日常シーンとかもっとあったら登場人物たちに感情移入できて、さらにカタルシスあったかもとは思う
『6アンダーグラウンド』のときも思ったけど、あれはバリバリのアクション映画だしそんないらないのかな〜

でもこれはもう考察で盛り上がり映画だよね

↓面白かった

‪【ネタバレ解説】『TENET テネット』タイトルに込められた意味とは?ニールの本当の正体はXXX?何度でも観たくなる超話題作を徹底考察 | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/66339/ #FILMAGA‬
KOSUKE

KOSUKEの感想・評価

4.2
今年一番楽しみにしていた作品。
ノーラン監督で、かつエリザベス・デビッキが出てるとか最高過ぎる。

ストーリーは相変わらずの難解。
ただいつもながらの要素もある。
それが人をどこか信じたいという要素。
これら全作品に共通しているのでノーラン監督らしさといえる。

そして映像の素晴らしさ。
CGを使わないことで有名なノーラン監督ですが、今回ははちゃめちゃしてます。
幼稚園児の男子がレゴで遊んでるんかな?って思うほどです。

一度は見ておきたい作品。