FRANCIS

イップ・マン 完結のFRANCISのレビュー・感想・評価

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)
3.6
次世代へと継承のバトンを渡された中国武術の奥義は広く世界へ。

ブルース・リーの招きで向かう、米国カリフォルニア。

立ちはだかるのは、根深い人種差別。

自らの死とも向き合いながら、功夫の誇りを賭けた闘いに挑む葉問。

全体的には2と3の焼き直し、詰め込み過ぎの感も否めないものの、老いや哀愁、親子師弟の絆に10年の年月をも感じさせる圧巻の最終章。

前作では余り触れられなかったブルース・リーの師匠としての側面も満載な格闘シーンの数々に、『死亡遊戯』で有名な黒人の弟子であったりとブルース・リー映画としても楽しめる一作に。