ゆっぴ

私が、生きる肌のゆっぴのレビュー・感想・評価

私が、生きる肌(2011年製作の映画)
3.7
opはなんだかおしゃれな感じがしたと思ったら、次第にえ…?と困惑。
異様な空気感と不気味な静けさ。後半になってわかるのだけれど、前半とかは訳分からぬまま、不思議と目が離せない。
狂ってるけど何これおもしろい!
とはいえ、自分的にはおもしろいけれど容易に人に勧めにくい作品。
初めてみるタイプでした。まさかの展開。狂気。

パズルのピースひとつひとつを訳分からぬまま集めていくけど、ある時はっとわかる。絵が見えてくる。そんな感覚。
あと、予想してたよりも斜め上でした。いろいろ拗らせてる。笑
本編を観た後に予告を観て改めて、これは何もレビューとか知らないまま観るべきだ、と。

掃除機で吸うシーンの快感がすごい。