Akari

うさぎドロップのAkariのレビュー・感想・評価

うさぎドロップ(2011年製作の映画)
3.0
死んだ祖父には隠し子がいた。しかも6歳の少女。孫の大介は誰にも引き取られない少女リンを見て、自分が育てることを決意する。

原作は読んでません。配役はとても良かったと思います。大介は松ケンしかいないくらいの適役。いろんな意味であつい。そして愛菜ちゃん、お父さんの話する時可愛いすぎ…ピコピコプップ_(:3」∠)_と思ったら葬式中では一人佇む圧倒的オーラでこの世の終わりみたいな目をしたり、死に対峙すると急に大人びた顔になる。これが全部芝居なんだもんな…怖

2人の演じるこれからの大介とリンをもっと見てみたかったのでドラマの方が良かったかも。。