Aoi

ひとよのAoiのレビュー・感想・評価

ひとよ(2019年製作の映画)
3.8
東京国際映画祭にて鑑賞。

冒頭から母親がDV父親を轢き殺す衝撃的なシーンから始まる。
吃音持ちで自作PCを作るのが好きな長男、美容師に憧れる長女、小説家志望の次男。彼ら3人の人生はこの一夜(ひとよ)を境に大きく変わってしまった。

それから15年という長い年月が流れ、戻ってきた母親に対する思いも兄妹で異なる。
色々こじれてしまって、憎みたい気持ちもあるけど家族は家族。
彼らがその一夜をどう受け止めて変化していくかというところに感動した。

ずっと重い雰囲気でもなくて、ときどき思いっきり笑ってしまう場面も多々あった。
稲丸タクシーの社員たち、特に音尾琢真さん演じるマルちゃんにはとても和まされる。

白石監督は田中裕子さんの役柄が”品がある”って言っていたけど、私は”男前”っていう感じがした。
簡単には言い表せない複雑な微妙な関係を演じ切る他のキャストの演技もすごかった。