nana

ひとよのnanaのレビュー・感想・評価

ひとよ(2019年製作の映画)
3.8

お母さんね、誇らしいの

田中裕子が上手すぎてもう…💦


タクシー会社を営む夫婦。
三人の子供がいる。
夫のDVに子供達は傷だらけ。
ある雨の夜、子供達を守るため妻のこはる(田中裕子)が夫を車で引き殺す。

15年後
罪を償い、出所後もほとぼりが覚めるまで失踪していたこはるが帰って来る。
動揺する長男の大樹(鈴木亮平)と長女の園子だが、自分たちを守った母を受け入れる。
しかし、東京でライターになった次男の雄二(佐藤健)だけは違う感情があり…


白石監督だなぁと思う作品でした。

夫を殺す以外にも子供達を守る方法はあるのでは?と普通なら思うだろうが、そこまで追い詰められた家族を描いたのだろう。
子供だが男の子も二人いるし、逆に親父をヤル(殺さなくても)、合法的に逃げるって出来ない関係性の心情だったのか。

子供を守る為に犯した殺人を「誇らしい」と言う母親。

複雑な子供達の現在や、タクシー会社の社員で元ヤクザの道生の事情。

それぞれが描かれる場面でのコハル母さんがいい人過ぎて辛かった。
内蔵を手で掴まれたような痛みを投げつけられる。

大樹の妻が稲村家に乗り込む場面では涙が止まらない。

「私が後悔したら子供達が迷子になっちゃう」

子供達を守ったこはる

過ぎた事は変えられない。

でも「今」を壊してはいけないんだ。
15年をかけて戦ってきた過去なのだから。


人にとって普通の夜でも
自分にとっては特別な夜
   ひとよ



鑑賞中は辛い映画
でも、たくさんの感動があります。


ストーリー展開とキャストの演技が素晴らしく、完成度の高い作品。




※個人的に暴力シーンが苦手なので、その分少し点数低めですが、そちらが大丈夫ならもっとハイスコアになると思います。