ひとよの作品情報・感想・評価

「ひとよ」に投稿された感想・評価

ぽんず

ぽんずの感想・評価

4.1
ひとよ…一夜…
タイトルにどんな意味があるのか?って思ってたけど、冒頭で一夜の文字。なるほどね😌

父親に暴力を振るわれ続けていた子供達。
それを守るように母親は父親を殺してしまった。。。
15年後に戻ってくるからねと約束をして、約束を果たした母親。
運命を狂わされた子供達…

母親役の田中裕子。
子供達の鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優。
4人の演技に圧倒されてしまい、私の気持ちは家族の中にいつの間にかどっぷりと入り込んでいました😨

こちらを観た人によっては、いろんな意見があるんだと思う。
自分の子供が自分の旦那さんから暴力を受けてるのを目の前で見るなんて私には耐えられるわけがない。
今ニュースでそんな事件がいっぱい取り立たされてるけど、その度に胸が苦しくなるよ😢

子供を自由にしてあげたい、その苦しみから解放してあげたい…そんな一心で殺す選択をしてしまった母親。。。
殺人はそりゃあってはならない事。そんなのわかってるけど、母親がした事を全て間違ってるとはどうしても思えなかった。
それを批判的に責める人も大勢いると思う。
もし自分だったら?…同じ過ちを犯したかもしれない。
だからこちらを観て、どーしても母親を責める気持ちには全くなれなく、その事件の後の周りの寄ってたかって殺人者だ!と責め立てる人達に腹が立って仕方がなかった。

その後に残された人達の事を考えると…もう苦しいよ。どーしていいのか正直わからないよ😰
残された子供達の気持ちは実際には理解しがたい。
でもきっと何年も時間が経っていってわかってくれる日がくるんだろうなぁと思う。

今回は、かなり熱く語ってしまった…😓
それぐらいに、いろんな事を考えさせられた作品だったな。
白石監督はやはりさすが👏
壊れた家族が再生されていく姿を見て、家族はやっぱり家族なんだと改めて教えてもらったよ。

気分が暗くなるような話だけど、最後に皆んなが前に向かっている姿を観る事ができて、観終わった後は逆に気分は晴々としていたな😊
id

idの感想・評価

3.8
色々な家族の形があるんだなと。
3人の葛藤がなんとも言えない、日本映画のどんよりとした感じがすごく良い感じです。



46
Johnny54

Johnny54の感想・評価

4.0
松岡茉優はこういう役をやらせたら本当に上手い。鈴木亮平もいい。田中裕子も久しぶりにみたけど良い、やさぐれた佐藤健もヨシ、と役者陣は完璧に近い。
サイドストーリーが余計、と言うかやるんならもうちょっと深掘りしてほしかった。特に真理子姐さんのパート。
ラストあたりもちょっとやり過ぎ感もありますが、総じて深みのある、かつ重すぎない良質のドラマ映画でした。
2019-103
テレビドラマ『Mother』『Woman』における田中裕子をスクリーンに召喚する映画。三兄弟の一挙手一投足が人柄を反映していて、あの家の空気にどっぷり浸かれる。ハードな題材ながら、悪い人間が意外に少なくていい気持ちで見られた。
saho

sahoの感想・評価

3.7
白石監督にしてはマイルド。鈴木亮平が爆発し、思わず妻に手を上げてしまうシーンが父の血を感じさせて辛かった。空白の15年間のエピソードがもっとあってもよかったのかも。
キャストは皆よかった。常連の音尾さんが今回は良い人。
佐々木蔵之介のエピソードが予定調和すぎる感が否めない。もちろん、必要なパートではあるのだけれど。
SUKAPONTAN

SUKAPONTANの感想・評価

2.0
田中裕子さんの演技は相変わらず鬼気迫るものがある。やっぱり凄い。ただ話は冷める演出が多くて少し残念。期待する部分が違ったのかも。
ポカリ

ポカリの感想・評価

3.0
家族間のやりとり、登場人物の心の葛藤、観ていてじわじわ込み上げてくるものがあったなあ。ただ、終盤、佐々木蔵之介が絡んでくるあたりで安っぽいアクション映画みたいになってしまって一気に冷めてしまった。そこで交わされる会話が重要なのは分かるけど、流石にカーチェイスは現実味なさすぎて…。
m

mの感想・評価

4.3
滑り込み松岡茉優
話の散漫感は否めないけど、誰かにとって特別なひとよも他の人にはただのひとよであり、それでいいんだって示してた。
親心子知らず、子知らず親心。10万円のシーンは泣けた。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.9
今更記録
>|