9人の翻訳家 囚われたベストセラーの作品情報・感想・評価・動画配信

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」に投稿された感想・評価

あまり寄り道もせず105分と短いし、テンポもいいし、ネトフリで観られるし、まあまあ面白いというそつない作品。
強引な展開もあるけれど映像作品にはこれくらいの派手さが必要なんだろうなと。
英語翻訳家のアレックス・ロウザーはドラマ『このサイテーな世界の終わり』で知ったが、『最後の決闘裁判』でもなかなか味のある演技をしていて、今注目している俳優。
ミステリ的にはフーダニットからハウダニット、そしてホワイダニットと視点が移っていくので抑揚があった。
邦題に「9人の」と付け足しちゃうのは、「〜人の」が暗に密室劇であるというフォーマットが確立している我が国ならではの慣習だし、そりゃつけちゃうよねと思った。
左腕

左腕の感想・評価

3.6
良いミステリーでした。
a糸

a糸の感想・評価

4.0
よく出来てた。
素直に面白かったです。
観やすい!
あとショートカットの子可愛かったです。
エリックがゴミ人間な話
谷口

谷口の感想・評価

4.0
間違いなく騙される
461
サスペンス
めあ

めあの感想・評価

3.4
記録用
sevenand

sevenandの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

みた
最初ちょっと退屈やなて思って眠たくなってたけど電車で共犯者としてみんな出てきた時に一気に目さめた

スペイン語で堂々と作戦会議するシーンめちゃ熱かった

正直この展開は予想出来へんかったから
おーって言っちゃうな
ゆり

ゆりの感想・評価

3.7
おもろです。
>|

あなたにおすすめの記事