9人の翻訳家 囚われたベストセラーの作品情報・感想・評価・動画配信

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんの予備知識も無しに観たらフランス映画だった。
みんなで文学を語るのかな、と思っていたらミステリーだった。
しかし怖いシーンはほとんど無い。前半まったりしていてウトッとしてしまいあの首くくった女性は自殺だったのか他殺だったのか謎のままだった。
後半一気にスピードアップして、謎解きと同時進行。なーるほどなー、と思っていたらもう一度なるほどなーと動機が解明された。
最近メッセージ性の強い映画ばかり観ていたので、時にはこういうコンパクトなヨーロッパ映画を楽しむのも良い。
れいな

れいなの感想・評価

3.5
色々ひっくり返してくけど、結局言いたいことは一つだった

期待しすぎたかなぁ、、
ni3

ni3の感想・評価

4.0
世界的なベストセラーとなっていたミステリー小説の完結編の翻訳。情報の流出を防ぐため、翻訳家を各国から一か所にあつめる。地下施設で同時に翻訳を行う。万全を期していたはずだが事件は起こる。
単純な事件の犯人当てになってないので、どう物語が収束するか分からない。あれこれ予想しながら見るのが面白い。
niko

nikoの感想・評価

-
なんの前置きもなく観て正解でした。

最初はただ出版社のアングストロームの感じが悪いのを見せられてムカつく一方だけど、中盤になると1回目のどんでん返しが発生しスッキリ。

なるほど終わりかな、と思ったら終盤に向かって更なる真実が明かされる。

観るまでは難解映画と勝手に思い込んでいたけど、最後まで見てしまえばわりと誰にでも理解しやすい内容だと感じましたね。

実話を元に創作されたベストセラーの翻訳を巡るミステリ。冗長に感じられる中盤までと一気呵成に展開する後半。どんでん返しの畳み掛けは面白いけれど、前半の伏線が絡んでのカタルシスという意味ではあと一歩。犯行の動機は成程と思わせつつ、巻き込まれた人がなぁ😅役者陣は良かった😁
M

Mの感想・評価

4.1
素晴らしい。
電車のシーンはドキドキハラハラ…
からの終盤に向けて、大逆転?
いや逆転じゃないか、なんでしょう、さらに深かった。
アレックスロウザーのあの冴えない感じ、優しい感じ、なにかを秘めた感じ、さらに終盤ガァー!っと冴えてく感じ、、、
演技が上手い。表情がうまい。
久々にスッキリ気持ちのいいジワジワくるミステリーでした。
kassykassy

kassykassyの感想・評価

3.0
はじめてトレイラーを見たとき、「ついに翻訳者が主役の物語が…!」と、一応その業界に携わるものとして感激した一作。色々と説明不足な感じもありつつ、まぁ王道密室ミステリー的な楽しみはあったのかな?
MR

MRの感想・評価

3.0
気になってた作品。

こういう着地ね。
微妙かな、私は。

狂気の出版社側と何が何だかわからない翻訳家、、、ネタバレは書かないけど、途中までは、おっ!おっ?ってなったのに、結局はん〜っ。おしいな。

緊迫場面で、翻訳家ならではの多種多様な言語でのやりとりは面白かった。
ただ、中国語でのカウントはあさはか。
分かるでしょ、、。

まぁ、翻訳家が凄いのは確か。
原作の意図を読み解き、その国の言葉に置き換えて伝えるのだから。
極端に言えば2人目の作者ですからね。

映画を字幕で楽しく鑑賞出来るのも、こういった方々のお陰。

このレビューはネタバレを含みます

巻き込まれた8人はたまったもんじゃないよなぁ
>|