おにこ

小さな同志のおにこのレビュー・感想・評価

小さな同志(2018年製作の映画)
3.8
当時のエストニアとロシアの関係を理解して観ていたら、もっと楽しめたはず。

パパンが、おさえていた感情を解き放ってトラックをぐるぐる走るシーンが好きだった。

家事を終えて、窓際で物思いにふけているレーロの横顔、とても幼女に思えぬ哀愁が漂ってて美しい…と思った。