映画野郎official

パラサイト 半地下の家族の映画野郎officialのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.4
映画の幕の内弁当や〜!

だからと言って欲張りに無難に収まっている寄せ集めではない。どれもが一級品である。

コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラー、アクション…過去にこれほどまでジャンルを決めづらい映画があっただろうか。すべてのいいとこ取りをしつつも中途半端にならず要素が凝縮され、さらに格差社会を風刺し、生きるとは幸せとは何かという重厚なテーマとメッセージが芯に詰め込まれているエンターテインメントの極みだ。

ネタバレ禁止という監督からのお願いがあったが、言われずともこの素晴らしい映画を多くの人に先入観なしに楽しんでもらいたいと制作者側の共犯者になりたいと思わされる作品だ。

ストーリー展開はさることながら随所に散りばめられた小ネタ、登場人物それぞれの個性、押し引き緩急のバランスが見事なまでに計算つくされている。何もかもが伏線に見えてその回収が楽しみでハラハラしながらどんどん惹き込まれていく。
そしてクライマックスのどんでん返し、結末には息を呑むこと必至だろう。

それと日本のチラシではパラサイトを“就職”と訳していて、確かに日本でも問題となっている雇用問題も孕んでおり言い得て妙だが、本来の“寄生”という意味で税金や社会保障といった政府と国民の寄生関係についても考えさせられる。

お恥ずかしながらポン・ジュノ監督の過去作を観たことがなかったが、制覇せずにはいられない天才がいた。カンヌ国際映画祭パルムドールも納得だ。

『カメラを止めるな!』を超える旋風になる予感がしている。世に情報が出すぎてしまう前に観ないと絶対に後悔するだろう。とにかく、Don't miss it!! だ。

P.S. チェ・ヨジョンが美しい。笑