tacorin

パラサイト 半地下の家族のtacorinのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
5.0
 航空機内映画で内容を知らずに視聴。最初から最後まで圧倒された。
 コメディとホラー・サスペンスの入り交じったような、登場人物すべてに共感と嫌悪感を抱かせるような、カタルシスを感じられそうで引き留められてしまうようなざらざらした不快感は偶然ではなく、監督の計算ずくの演出だろう。その感覚が最初から最後のシーンまで一瞬の緩みなく続く(「根本的な解決策」が示す安息感は、それがほぼ確実に実現しない現実に気づくとそのまま絶望感に転換する)。感嘆するほかない。
 そういう監督だから、題名の寄生虫(パラサイト)の意味もシンプルではないだろう。寄生しているのは貧困家族なのか金満家族なのか。ともかく魂を揺さぶられる映画だった。