Tanokami

パラサイト 半地下の家族のTanokamiのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.5
日本最速試写会にて...!韓国映画として初のパルムドール作品賞受賞ということもあって、かなーり期待して鑑賞。

"この結末は絶対に予測不可能...!"
という映画ポスターによくある文言はきっとこの作品の為の言葉である。

クラシックを基調とした映画音楽、大味に依存しない控えめなカメラワーク、一枚画として力強い描写、ポンジュノ監督のセンスに脱帽。脚本でいうと最後の最後に現実を突きつけてくるシーンにたまらなく痺れた。

「社会的格差」を描いているという点でタイミング的に“Joker”と比較してしまいがちだけど、こちらは正義のヒーローでもなく、悪のヒーローでもない。あくまでも中立な立場にありながら、スクリーンのなかで起きる事件にあるメッセージを感じ取らずにはいられなくなるのではないかと思う。
(これに関してはネタバレに繋がるので、公開後に追記する)