Kuuta

パラサイト 半地下の家族のKuutaのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.3
水は下に流れるしかないが、ある時下水が逆流し、生活を台無しにしてしまう。今年、武蔵小杉のタワマン騒動なんてあったなぁと上映中考えていた。貧富の断絶と、上流階級を引きずり降ろそうとするルサンチマン。どの国も同じような空気が流れている。

先行上映にて。コメディ、サスペンス、アクション、騙し騙されの虚実皮膜、社会風刺。高低差や空間、陰影を生かした撮影の切れ味。意表を突く脚本が展開を広げながらクライマックスへなだれ込む。

ケンローチのようにど直球で心をえぐりに来る作品もいいけれど、こういう笑いとシリアスを同時に描くのも映画的豊かさ。色んな面白さがバランス良く詰まった、最高品質のエンタメだと保証できる。

あらすじにあるように、最初は貧しい家族が知恵を使って金持ち一家に取り入っていく。半地下の自宅ではだらしないが、いざ「仕事」になると身なりもきっちり整えて完璧な演技で金をむしり取る彼らの手際が痛快。家族間の連係プレーもあり、ケイパーものとして抜群の面白さだった。

問題はこの部分の後、面白さの山を登りきった後の展開だ。あーそういう話か…と口あんぐり。巨悪はいないはずなのに、ぐるぐると話が回り出す。

個人的に一番笑ったのは、ソンガンホの足の裏。観客全員の目線が一点に集中する不思議な時間。最高だった。昔の作品のような荒々しさは減っているけれど、ポンジュノでは一番好きかなぁ。86点。

以下はネタバレ感想↓





















計画なんて元々なければ失敗しないんだと体育館で話す、父親の場面が何故かゾッとした。手で目を隠して静かに語る。世の中的に「誰でもない人」の唸り声というか。

そんな人間が、計画したばっかりに逆に転げ落ちていく。彼らは階級を乗り越えようとしたのではなく、普通に金を稼ぎたかっただけなのに。半地下の人間として、本能的に地下の人間を文字通り叩き落とすサバイバルを始めてしまう。

こうなると、家族から笑いや大らかさが消えていく。下の人間を意識し、見下し、いつ追い抜かれるかとビクビクしながら生活し始めるからだ。「臭い」に代表されるこの社会の断絶、自分たち自身も見下されている事に、彼らは気付いていく。

ラストは解釈に開けてはいるが、私はどんなに計画しても、格差を乗り越えるのは不可能という絶望なんだと受け取った。金持ちには届かない怒り。モールス信号を受け取ってくれる人はいるのだろうか。あの悲痛さは、イチャンドンの「バーニング劇場版」も思い出す。

「彼は一線を越えないからいい」。「感情をもっと抑えて」。今思えばこの辺も全部伏線か…。

金持ち家族の「別に嫌な人ではないが、間違いなく自分たちとは違う」と感じさせるバランスが絶妙。バレるかバレないかサスペンスはブラフで、演技は結局破綻しない、という展開にも意表を突かれた。金持ちは貧しい人の事を最後まで理解できないという、虚しさがじわじわと湧き上がってくる。

運転手は隙がある感じもしたが、家政婦のアレルギーを誘発させてクビは流石に可哀想にも見えたので、逆襲を受けるのはきっちり因果応報な流れでもあると感じた。「家政婦は倍食べる」が伏線とは気付かなかった。

犬用のジャーキーを食べてしまう娘。「首輪」を付けられる息子。侵略され、殺される運命にあるインディアン。最後にソンガンホもインディアンの姿になるのは、彼も侵略される側に立ったことの象徴だろう。テーマはジョーダンピールの「Us」にも酷似している。