J

パラサイト 半地下の家族のJのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.2
・物語★★★★
・配役★★★★★
・演出★★★★
・映像★★★★
・音楽★★★★

2019年第72回カンヌ国際映画祭における韓国映画初のパルムドール受賞作🏆
日本でも、公開初日から連日満員の話題作になっているようですね!

作品ポスターからして、この上なく興味がそそられます。
パラサイトする側とされる側、目線で隠されたそれぞれの家族の面々に気を取られがちですが、左下には写ってはいけないものが!!🦶

パンフレットに掲載される“ポン・ジュノ監督からのお願い”によれば、
「本作をご紹介いただく際、出来る限り兄妹が家庭教師として働き始めるところ以降の展開を語ることは、どうか控えてください。」
とのこと!

一切のネタバレを排して鑑賞すべき作品です!🈲


*************************************
(※以下、展開への言及あり⚠️)

全編を通してテンポよく展開するストーリー。
特にラスト20分間、予測不能の怒涛の展開からは目が離せません👀

北朝鮮ネタで笑いをとるなど、韓国ならではのブラックユーモアも満載。
でも作品の根底には、“格差社会”への痛烈な警告や挑戦が込められているとも思われ、同じ問題を抱える日本人としても考えさせられます。
その意味では、前年にパルムドールを受賞した『万引き家族』と通ずるものがあるかも知れません👨‍👩‍👧‍👦

韓国映画、特にポン・ジュノ監督とのタッグではお馴染みのソン・ガンホに加え『The WITCH/魔女』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクなど、安定感のある豪華キャストの競演も見どころです✨

*************************************
劇場用パンフ★★★★
全22ページ。
シンプルで凝縮された良質パンフ。的確な統計データに裏付けられた町山氏のレビューはいつもながら感涙モノ!(ただしネタバレ全開⚠️)