森井俊貴

パラサイト 半地下の家族の森井俊貴のレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.7
パラサイト:寄生生物、寄生虫、居候 、厄介者
これがアカデミー賞かと衝撃を受けた。納得。普段見ている映画とは圧倒的に違う作品だった。サスペンス映画と一言で片付けてしまうのはあまりにもったいない。見終わってからの振り返り具合がとても充実している。
展開が一辺倒でなく様々なジャンルを色々な角度から、その国の背景である貧富の格差の問題点を取り入れたり、全てが繋がるための重要な伏線を張っていたり、特に拘っていそうな印象的な部分も多く、どのシーンにも目が釘付けになるくらい引き込まれてここまで表現できるのかと特別素晴らしかった。見ている最中で面白さ、楽しさ、称賛、嫉妬、緊張感、恐怖、共感などなど持てる感情のほぼ全てに出会えた。
少々怖かったので友達にオススメしづらいけれど、見て損はない映画だと思う。
インディアン、計画、匂い、階層、報い、モールス信号  その人に合った生き方がある!