キッチー

パラサイト 半地下の家族のキッチーのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.0
エンタメに力を入れている韓国が生んだアカデミー作品。勢いもありました。これだけ色々なネタが転がっているから、面白い映画が作れるのかもしれませんね。
クライムムービーですが、コメディ、サスペンス、アクションの要素もある社会派作品。

物語は、
半地下に住む貧乏な家族(夫、妻、娘、息子)。息子がお金持ちの家で家庭教師をすることになり、次々と家族も入り込んで寄生していくことに...しかし小さな綻びから大きな事件に発展してしまう後半では、思いがけない事実が家族に追い打ちをかけていく...
といった話。

韓国社会の問題(貧富の差、雇用、住宅事情)を社会の底辺にいる人々にスポットをあて、浮き彫りにした作品。
どんなに上手く取り繕っても、貧しさは隠せない。高台に住む人と半地下に住む人では、天国と地獄程の差がある。大雨で明暗をくっきり表現しているところは上手いと思いました。
普段は交わらない層の人々。だけど交われば、知らず知らずのうちにでも人間の尊厳を傷付けてしまうものなんですね。

全然話は違うけど、黒澤明監督の「天国と地獄」を思い出しました。

ソン・ガンホはこの映画でも口数の多い面白いおっちゃんの役でしたが、もともと感情表現豊かな役者さん。人間の悲しさ、切なさを演じさせたらピカ1ですね。そして彼以外の登場人物もみな仮面を被って本当の自分を隠している役柄なので、多彩な演技が見られて面白かったです。

ところで、半地下物件の間取り(トイレとか)には、ちょっとびっくりしました。韓国では普通なのかな。家賃安くても住むのは覚悟がいりますね(笑)