パラサイト 半地下の家族のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(374館)

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前半めちゃ面白い、秀逸、コメディ
後半シリアス、殺し
面白いのはたしかだけど期待値が高かったせいか、アカデミー賞かー。。と思ってしまった
すごく胸が苦しくなった。始まりから、この家族にはこの先幸せは待っていないんだろうなという雰囲気はあったがそうだった。貧困故の連鎖。皆スペックはあるのにもかかわらず貧しいがために満足のいく環境に身を置けず死んでいく半地下の人々。無意識中の圧倒的な貧富の差。金持ちと貧乏人、決して双方とも悪なわけではない。ただ、社会風潮が悪だった…すごく心臓を締め付けられるような描写や、ドキドキハラハラする展開が多かった。結末も全く読めなかった。ただただ見ていて苦しくなった。フィクションとはいえど実際にノンフィクションなことも多々あるんだろうと思った。最後に長男は新たに計画を立ててしまったが成功するのだろうか…
韓国人怖〜ってひたすら思った。
敵に回したら1番怖いの韓国人って
韓国人の友達に言われた意味わかった。

でもまあおもろいんやけどな…
読めるっちゃ読めるけど

なんかうーん臭いのいややな〜
地下って臭いんや。
まあそんな事を伝えたい映画ではないけど。
でも身分の差で能力を発揮できないのは
いややけどな、殺したらあかんのよ。
殺すって大分低俗な行動なんよ結局。
ましてや雇われてた(都合の)良い人を殺すって
絶対悪なんよ。
ただの妬みで引いた。

最後の方B級サスペンス感がなぁ。

監督は嫌韓なんかな?
貧乏家族が裕福な家族に寄生していく過程が面白かった。
半地下に住んでいる人が多いのは知らなかった。家政婦さんがずぶ濡れで戻ってきたときの不気味な感じが怖かった。
予告だけ映画館で見て、アカデミー賞作品賞を予想し、まさかの的中!笑

で、実際本編を観ましたが…すっごい作品でした!
予告を良い意味ですごく裏切られた作品。

映画の中盤では、コメディのように笑える要素が散りばめられつつも、それとは裏腹にどんどん韓国の置かれている問題が浮き彫りになる、という映画。

カンナムスタイルやナッツ姫と、カメラを止めるな!を思い出した映画です。

あと韓国の俳優さんたち、すっごくカッコいい!
鈍感な人はギテクに嫌悪感を抱くだけで終わってしまうような、難しい映画だと感じました。私は友人と見たのですが、彼女は後半の展開に物凄く驚いた表情をしており、ギテクに対しても少し共感するような感想を持っていましたが、私はただただギテクに対して嫌悪感を抱くだけでした。パク家に対する一方的な憎悪、ムンガァン夫婦に対する卑劣な行為、そして最終的にムンガァン夫婦と同じ道を辿ってしまう愚かさが物凄く目立って見えました。友人との感情の差に自分がいかに共感力が無いのかを実感しました。
前半笑える
後半震える😅

---地下戦慄---
なるほど、これが大衆に愛される作品なのかと納得。前半と後半で雰囲気は一変、ラストまで気が抜けない。家族と階級をテーマにした考えさせられる作品だった。
評価や周りでのおすすめが凄かったのでみた!

寄生してゆく過程の緊張感と
冷め切ったハングリー精神の塊みたいな一族の強さや行動力にはドキドキさせられ凄かった!

美人若奥様のヤングアンドシンプルさの描き方は強烈に皮肉笑

財力の象徴である仙なんとか石?に
取り憑かれたように大胆な行動に出た長男だけどそれによって殴られ命の危機にさらされるのもそういう意味?

格差の苦しみも、虐げられてきたフラストレーションも、無計画な行動によって衝動的に少しは晴らされた訳だけど…
根本的には結局何も変えることはできず。
ラストの何の保証も計画も実現しそうにもない『僕が金を稼いだら…』というセリフにも変えられない現実のかなしさしか感じなかった。
ダソンは最初から勘付いてはいたが、あまりに子どもだった。
>|