パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価・動画配信

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

ぶっち

ぶっちの感想・評価

5.0
1月中に見に行きました。
終わりに近づくにつれて、話が急展開していくのがとても楽しかったです。
映画館へ観に行くべきだと思いました。
展開が予想つく感じでまさにパラサイト。
終盤は意外でした。
ニオイってのはオモシロイ。
ストーリーは、計画や目的という会話の伏線回収も見事だし、予想もつかない展開で、
後半への追い込みは息している事さえ忘れてるような感覚にまでなった❗

映像も素晴らしい!!
貧富の差を巧みに演出していて、こっちは画面越しに観ているだけなのに、
それぞれの家族の生活ぶりを
まるで体感しているような感覚にまでなる👏🏻
臭いまで体にしみこんでくるみたいに…

色んなメッセージも詰め込まれてる。。。
でも、二度観るのはしんどいかな(笑)

そういえば、殺人の追憶もめちゃくちゃ素晴らしかったし
ポン・ジュノは天才だわー!
だい

だいの感想・評価

2.4
日常がどこまでリアルに再現されるのか

こんなことあるわけない

そんな映画はわかりやすい、
かか

かかの感想・評価

3.3
サイテーな家族だな。うまいこと人の懐に転がり込んで。
けれど、家族仲はいいんだよね。
その人の持つ匂い。生活臭っていうの?見た目をいくら整えても抗えない。
が、自分じゃわかんないってのが悲しいね。
アカデミー作品賞受賞作と気負って鑑賞し出したが、コメディ要素でぐいぐい引き込まれらる展開。

後半から、「えっ⁉そう来るの?」と予想外な方向へ話は進む。

感想は人それぞれだと思うが、勢いのある韓国作品の1つだったと個人的には感じた。

作中の邸宅が素敵過ぎ(笑)
あーこ

あーこの感想・評価

3.5
映画館にて鑑賞。
面白かったけど、途中から展開が読めた。
あと一捻り欲しかった感じ。
ストーリーも良いしテンポも良くて引き込まれる、ラストまであっという間だった。
期待値を上げすぎて観てしまった模様。

初のアカデミー作品賞、カンヌパルムドールのダブル受賞を果たした今作。

定職につけず貧乏な生活を送る主人公一家4人。ひょんなことから息子が学生時代の友人から家庭教師のバイトを引き継ぐ。
そのバイト先は高台にある超お金持ちの豪邸。

兄は英語の家庭教師を、そしてその紹介で妹が美術の家庭教師を、そしてその妹の画策で専属の運転手を失脚させて、父親を運転手に、そしてラストに家政婦の健康不安を誇大に煽り、家政婦を追放。
そして母親が晴れて後任の家政婦として採用され、これにてパラサイト完了……。
ここまでコメディ寄りのタッチで描かれ、トントンと進む展開に引き込まれていく。

パク家の末っ子、ダソンの誕生日。
一家はキャンプへと出かける。
そして主人公一家は留守となった豪邸の居間で、ハメを外して呑み騒ぐ。
そこへ、雨の中インターホンが鳴らし続けられる。
インターホンの画面越しに現れたのは、ずぶ濡れになっている前任の家政婦。
この表情が怖い。復讐に来たのかと思うほどの、こいつなんかやらかすぞ感あふれる表情。

そして、家の中にいれたその瞬間から一家のパラサイトに綻びが生じ始めた。


ここからは、マジか!そうか!それは!いやいや!キック!ハラハラ!ちょいエロ!ドシャ降り!華やか!オドロオドロ!ドゴン!ブスッ!グサッ!ブスッ!キャー!

と、あっという間の展開。

ラストは結局まだ迎えに行けてないという締めくくりだったと思うけど、それが実現した時、父親は生きているのだろうか。

半地下の家族。
成り行きながら、起きるべくして起きたとも言える悲劇。

韓国での格差社会に警鐘を鳴らしているってことかな。

格差≠上下を表すように、上と下を印象的に映し出すシーンを多く感じた。
土砂降りの中、自宅に向かって階段を駆け下りていく様が、それこそ人間に見つかったゴキブリが棚の下に隠れていくように、そんな比喩めいた印象を受けた。
>|