パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(99館)

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

ゆり

ゆりの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「金は性格を伸ばすアイロン」がすごく印象的な台詞
半地下と地上の対比がえげつないくらい描写されてるけどこれが現実なんだと思うと笑って見られない
家族がどんどん浸食していくところ、見ていて楽しかった
田中田

田中田の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

てっきり尼崎事件のような背乗りの話かと思ってた
誰かが地下に潜むような豪邸に住んでなく良かった
韓国の実情が分からないけど、こんなにも地下や半地下で生活している人がいるのかなと思った
作中では格差のことを匂いで表されていたけど、現実でも成金の人とそうでない人というのはなんとなく見分けが付くし、お金を持っていても人の本質が変わらないことを揶揄しているのかなって考えた
OttotTO

OttotTOの感想・評価

4.0
半地下に住んでいる貧しい
4人家族は、息子・ギユは
友人の勧めでお金持ちの家
庭教師をする事になる…(
ネタバレ配慮したら、ここ
までしか言えない。笑)

ものすごい期待して観たか
ら、若干物足りなさはあっ
たけどそれは僕の心持ちの
問題であって、内容は展開
が早くて飽きずに観られる
。見えないところで通じ合
うって感じが結構好きでし
た。抽象的ですいません。
みー

みーの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

バカっぽい家族(貧困家庭も裕福家庭も)をコメディタッチで描いたと思いきや、ずっしりと社会派なメッセージも込められていて、見応えのある映画だった。

終盤からは怒涛の展開で、どうやって収集つけるんだろうと思ったらまさかの惨殺。地下に隠れている父親を金持ちになって迎えに行くというのは夢みたいな話だけどいいな、と思ったらやっぱり夢だった。

社長むかつくとこもあるけど殺されてかわいそう。匂いディスったからではないよね?
kitaaaji

kitaaajiの感想・評価

4.1
話題のやつを見てみた。
途中ハラハラするっていうのがよく分かった。見入っちゃうやつ。
韓国の格差社会を見せられてる感じがした。
とりあえずおもろしかった。
あ、ダヘ可愛かった笑
S0

S0の感想・評価

3.5
テンポが良くて観やすかった。
特別面白いわけでもなく、面白くないわけでもないと思ったけど、この映画はそういう観点じゃないんだろうな…
何も考えずに観たら3.5が妥当かな。自分的にはね。
一緒に観た人によっては気まずくなった人も多いんじゃない?w
オチももっと強烈かと思って期待してただけあって少しがっかり。
 いや、ほんっとに面白かった。韓国映画は、ノリが苦手というか、独特のテンポが苦手で毛嫌いしてたところはあったけれど、素晴らしいエンタメだった。
 背景となる社会問題は、いくらでも指摘されてるところだけど、そういうの抜きにしても、単純にエンターテイメントとしてすごく面白い映画だったと思う。自分は序盤から、ゲラゲラ笑いながら観てしまった。
 みんな滑稽だし、悲劇の中に居るんだけど、すごく喜劇になってる。しょうもないことでうだうだやってたり、どうしようもない話を真面目にしてみたり。そういうのは、自分にも覚えがあるし、よくあることだからこそ、笑える。
 お金持ちの家庭はもちろん、半地下に住んでいる家庭、そしてとある家庭、みんなそれぞれ課題が山積みで、一方的じゃない描き方が面白い。お金がないのはもちろん、あっても、それで解決できないことがあって、なかなか大変そうだなぁ。
 こういう映画って、だいたいカモとなるお金持ち家庭ばかりアホっぽく描かれているけれど、どの家族もみんなコミカルに、でも当事者にとっては深刻に描かれている。それによって、笑っていた自分はどちら側に居るのか、なんてかんがえてしまうような真剣さもある映画だった。
 さすが話題になっただけある。これは面白いわ。
みー

みーの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

・富裕一家が居ない間にリビングで飲み散らかしている場面、いつ帰ってくるのかヒヤヒヤして見ていられなかった。上映時間の残りを気にした。しんどかった。気力吸われた。かなりの高評価なのを知っていたがこのぐらいしんどいと、余裕もないしもう一度みるのはしんどいとなった。見ごたえはあるが私自身の好みによるところが大きい。
・序盤、奥さんについて家庭教師を紹介してくれた友達が「シンプルだ」と表現したあと更に何て言い換えていたか忘れた
>|