パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5222ページ目

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

tomtom

tomtomの感想・評価

-
韓国映画で失っていく韓国の風景が見える。窓をフレームに窓越しで見えるその風景が今回の発見。

知人が是枝の『ある家族』が家族とは何かというのを考えさせるとするならば、本作にはそういった一発がないと。

だが、ボン・ジュンホは韓国において「家族」とは問われる対象にならないというのをよく知ってると思う。前作の『マザー』で、「あなたにはお母さんがない?」という問いに全てが表れてる気がする。

それにしても、物語はかつてよりシンプルで、目につくキャラクターもなかったな。強い母以外は、女性の描き方も議論されそう。
Yumi

Yumiの感想・評価

4.3
待望の鑑賞
予告編を見て予想してた内容より遥かに深くて重厚、観終わった後はずっとあのラストにすがってしまった
上には上がいて下には下がいる、その世界でお互いに蔑みあってどうすれば騙せるのか、その座から引きずりおろせるのかにばかり目をやるうちに、一瞬一瞬の間出来事は起こっていて、そこで心を開くことは傷つくことに近づく行為でしかない、無計画に何をし出すかわからない自分を作り出すのは自分自身、そう言ったことを伝えていた。
終始直接的じゃない見せ方、それが全て後から繋がっていて、オシャレで、あるシーンだけでなく映画全体が頭にこびりつく感じ。
全体でみせる感じがパルムドールの理由だと思った。
ちょっとネタバレ


石はただの石だし、絵はただの絵だし、パンツはただのパンツだし、桃は桃だし、、、
これらのアイテムを使って弱者は卑怯と言えるほどの手を使って這い上がろうとする。
富裕層の人間は例えば「自分の息子が絵の天才なんじゃないか?」と希望を抱いたり、病的だと言えるほど少しでも自分達の「品格」を落とそうとするものを排除する。
「希望」、「計画」、、、そういったものは人をどんな意味でも駄目にする。そう、まるで「寄生虫」だ。そんな人間が増えたらどうなるのか? それは映画を見て確認しよう。

ここまで深く、そして韓国的映画がアカデミー賞の作品賞を取ったのは驚いた。でも見て納得、それをここまで面白く描いたポンジュノは天才です

お酒飲みながらこの映画の感想言い合うだけで一晩越せる
お麩

お麩の感想・評価

-
コメディ、サスペンス、ホラー、エロ、社会問題……
映画のほぼ全ての要素が詰まったエンターテイメント性の高い作品
maria

mariaの感想・評価

-
娘が汚水が逆流する便器のふたの上に座って喫煙するシーン。貧乏家庭の両親の演技。元家政婦はなんであんなに顔あざだらけになって帰ってきたんだろう。
tomomi

tomomiの感想・評価

-
韓国にて
2019.06.01 大邱 CGV

韓国 現代の悩み
THE シュール&スリラー
okujunnn

okujunnnの感想・評価

4.8
先日韓国行った時に、念願のCGVで映画観賞🍿

韓国語全然わからない私でも、全く問題なく鑑賞できたし、そんなこと感じさせないくらい本当にめちゃめちゃおもしろかった…
ブラックコメディでハラハラドキドキもあり、笑いもあり、怖さもあり…
日本では来年公開なので、絶対もう一回観に行く!!
LeeDalya

LeeDalyaの感想・評価

4.5
クオリティ半端ない。「スノーピアサー」、「オクジャ」で霞んでたポン・ジュノらしさが全開!密度が濃い。もっと何か言いたいが今は我慢します。
パルムドールと納得いくストーリー、最後はむしゃくしゃしたけどそこはまた韓国映画ぽくてよかった
想像してた内容と
だいぶ違ったけど面白かった

ソンガンホ好きです

절 못 사는 사람들と잘 사는 사람들の
描写が印象的でした

桁違いの金持ちにはならなくていいけど
ある程度の水準の暮らしはしたいな。

あなたにおすすめの記事