KI

イソップの思うツボのKIのレビュー・感想・評価

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)
3.0
あらすじ(公式サイトや予告編)では、3人の少女を中心とした3家族の話となっているが、実質2家族が中心だったように思いました。
「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督をはじめ浅沼直也監督、中泉裕矢監督の3人の監督によって製作された本作。どうやら「カメラを止めるな!」の浅沼監督はスチールを担当し、中泉監督スピンオフ作品「ハリウッド大作戦」の監督を務めたとか。
そもそも監督が複数人いると私が思い浮かぶのはオムニバス映画であり、複数監督1ストーリーというのは珍しい形式だと思っております。だいたいは上田監督のプロットなのかな...?
それ故に、今作では前半と後半のテンションが大分異なった気がしました。
前半では2人の少女による男性教師を取り合う色恋沙汰が描かれます。
このままメインビジュアルのように着ぐるみを着せてプロレス(もしくは学園祭か何かの催しで、ヒーローショー的な何か)させた方が盛り上がったように感じてしまいました。
映画の半ばようやくもう1家族(個人的にはこの家族が1番良かったです)が登場します。そこから後半は思わぬ方向へ進むのですが、なんとも嘘っぽくてあまりついていく気が持てなくなりました。
3人の少女はどなたも違う個性で魅力的で可愛いし、それなりに楽しい作品なのでそれなりに楽しめました。