minorufuku

イソップの思うツボのminorufukuのネタバレレビュー・内容・結末

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

内気な女子大生ヒロインは自分の大学にやって来た臨時講師にひとめぼれしてしまう。しかし同じ大学でタレントとしても活躍する同級生も講師にアプローチを始め、二人の仲は進展していく。意気消沈するヒロインだが、ある日同級生と講師が誘拐されて......という話(表面上は...)
「カメラを止めるな」のスタッフ陣で制作された作品。上田慎一郎監督を含めた三人の共同監督で撮影された。

やや暗めの設定は僕好みではあるが、やはりカメラを止めるなに比べるとアイデアやどんでん返しの衝撃度の面で見劣りするかなあと。メインのストーリー軸に隠された真実が終盤に明かされる構成は面白いが、ヒロイン家族の秘密が小出しに明かされて行くので復讐パートで判明する内容に全然意外性を感じない。また、ヒロインが最後に同級生を助ける心理をもう少し上手く描けていればもっと違った趣きもあったのでは? 三人監督三人ヒロインで宣伝しているが、明らかに復讐代行屋親子のストーリー上の存在感が薄い。あと、パッケージの着ぐるみは出てこなかった......
出演者のほとんどは僕の知らない面子なのだが、小気味良い演技で楽しませてくれた。復讐代行屋の女の子は以前観た「アイスと雨音」に出ていたみたいだが、髪型変わり過ぎて気づかなかった。
ヒロイン家族は素人なのにみんな射撃がうますぎる。