ワヤ

イソップの思うツボのワヤのネタバレレビュー・内容・結末

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

評判が悪かったので、極限までハードルを下げてみたので観れないものじゃなかったな、という感想です。
カメ止めは、前半のワンカットシーンに初見でもわかる違和感があった上で、後半にそれをテンポよく回収していくから面白いんですよね。
今作はそれがなく(一応伏線っぽいものはありましたが)、殆どただの後出しジャンケンで全然やられたーという感じがしませんでした。

復讐劇としてもエンタメとしても中途半端。
ただヤクザの言いなりになってただけでカタルシスもないし、急にヤクザの計画外のことをしたかと思えば、別に何の作戦もないし。
例えば亀田家と兎草家が実は裏でつながっていて、ヤクザと悪趣味な金持ち達を警察とともに一掃する、みたいな展開があればまだ面白かったんですが。