イソップの思うツボの作品情報・感想・評価・動画配信

「イソップの思うツボ」に投稿された感想・評価

ブッチ

ブッチの感想・評価

3.3
前作より、キャストが少し豪華になってテイストは変わらず。

川瀬優太さん、幅広く映画に出てはるなぁと上がる。
タノ

タノの感想・評価

1.8
演技、演出が酷く、観てても面白さ伝わってこなかった
カメ止めと同じく、ネタバレ無しで見たので途中で、えぇ~!?おぉ~!!で楽しく観れはしたけど、この手法って大リーグボールみたいなもので、得意技と言うより切り札。もう3球目はないんじゃない?話としてはすんげー重いけど、見せ方のトリック優先なので、どうもキャラに血が通って無いような?

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWで放送されたのを録画視聴。
どうしても『カメラを止めるな!』の上田監督ということで観る側のハードルが上がってしまうのはやむ無し。

女子大が舞台の青春ものかと思ったら誘拐事件を機に話が動き出してついつい観てしまう…のだが、やはりもう一捻り欲しいと思ってしまう。

仮面ライダーバルキリーこと井桁弘恵さんが出てるので観ていたら、エンドロールでウルトラマンZ出演中の松田リマさんの名前があったので特撮ファンとしてはちょっと得した気分になった。
意外で驚く展開もあったけどカメ止めの二番煎じ感はやっぱり否めない。これは絶対伏線だろうと思っていた場面が伏線でも何でもなく放置されっぱなしだったのがちょっとモヤッた。87分という長さは丁度いい塩梅。
tokio

tokioの感想・評価

2.0
Rec.
❶20.10.15,ca
失明

失明の感想・評価

2.2
途中までは良かったのになんでそっちに持っていくんだって泣いた。

知らんやつ誘拐しといて殺すな!って何様だよなー

結末が最悪過ぎた
あの傑作のカメ止め!監督だけに、シャマランじゃないけどドンデン返しを期待してしまう。これはカメ止め!の呪いだ。

内容もカメ止め!を匂わせるトリッキーな脚本で攻めているが、その割に話しの筋が見えてきた瞬間の薄っぺらさが辛かった。

結論を言えば良くも悪くも普通だけど、物語の着地はカメ止め!との落差があって良かった。
三監督(#上田慎一郎、#中泉裕矢、#浅沼直也)による作品。

映画館で見損ねブルーレイを購入し、
何度もあるシーンで必ず寝落ちに。
やっぱり映画館で観るほど集中力が…
やっと最後まで鑑賞できました。



最後までみて、オーディオコメンタリー聞いたら、何度も見返しモードに。仕掛けは序盤から。
(もう少し長く上映されると思って他の映画優先してたら映画館で見逃したことを後悔)

ヒロインは三人。
亀好きの女子大生 亀田美羽(#石川瑠華)、芸能人一家の兎草早織(#井桁弘恵)、父と二人で復讐代行業をする戌井小袖(#紅甘)の家族が、過去の嘘を巡って拡がるストーリー

導入は学園を舞台にした三角関係かと思いきや、戌井家が登場して雰囲気が変わる。
その後、二転三転する立ち位置。
果たして、この三家族の結末は…

オーディオコメンタリーでもありましたが三人のヒロインの目が良い。

最後までみると、美羽役の #石川瑠華 さんの表現力が凄いと感じます。
上田監督も後半へのネタバレ防止をしようとしていたが、演技をみてカット割りを変えた模様。

早織役の #井桁弘恵 さんは、#仮面ライダーゼロワン とは違った雰囲気でこっちの方が素に近そうな感じが。

小袖役の #紅甘 さんは思いきった演技が。『#アイスと雨音』にも出演。

家族役にはベテラン勢が…

本来は交わらない三家族の触媒として近藤(#川瀬陽太) の存在。
近藤の部下の右近役に #折笠慎也 さんも

(追記)
オーディオコメンタリーからすると、
寝落ちしていたシーンは上田監督の担当のようで。シーンの問題か?監督の問題か?
しかし、全編通してみたらかなりお気に入りに。

伏線が多すぎて観ている人を疲れさせ、映像としてのバランスが取れてないのかなとも感じる。
だから、ある程度伏線を知った上でみるとその負荷が減り、だんだん作品が面白くなってくる感じなのかも。
『カメ止め』の時も最初の30分に耐えられるかどうかで好み分かれたからなぁ。
佑磨

佑磨の感想・評価

-
2020年10月10日
>|