イソップの思うツボの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「イソップの思うツボ」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白い内容、だけどこのレベルを公開するのは、、と思う 内輪作品なら大絶賛かなあ VTRは笑った
d173

d173の感想・評価

3.4
所々に感じる違和感がスッキリ。
上田監督らしさってのを感じるし、
ワザとらしく感じる素人さも愛おしい。

そして石川瑠華、かなり良い(^ω^)

2021-80
Kento

Kentoの感想・評価

3.0

「カメラを止めるな」の上田 慎一郎監督の
作品

石川 瑠華さんと、井桁 弘恵さんが
良かったです

個人的にはそれなりに楽しめたのですが
「カメラを止めるな」並みのどんでん返しを
期待すると、物足りないかと思います

"二転三転するストーリー"というのは確かに
そうだったのですが、どんでん返し要素は
感じられませんでした

予告にあった"カメ"と"チーズダッカルビ"は
必要性が分かりませんでした…

あと、ポスターの着ぐるみは
全く出てこないんですね(笑)

何の意味があったんだろうか…?
同級生と馴染めずに母親と亀が話し相手の内気な女子大生・亀田美羽、美羽の同級生でタレント一家の娘である兎草早織、そして父親の裏稼業を手伝う戌井小柚の、亀・兎・犬の名前を持つ3人の少女がその家族と共に織り成す物語を描く群像劇です。

大ヒット作『カメラを止めるな』の監督・上田慎一郎、助監督・中泉裕矢、スチール・浅沼直也の三者それぞれが監督として撮影を行った後にリンクさせる異色の方式で作られたという本作は、成功した前作のメソッドを踏襲しつつ『トゥルーマンショー』を連想させるさらに大胆なメタ構造に挑戦する意欲作です。

伏線やミスリードが溢れ、更にはイソップ寓話自体をフリにした展開もあり、考えれば考えるほど思うツボにはまってしまいます。主演の3人も異なる個性があり魅力的です。ただどこまで計算なのか定かでなく、そこが『カメラを止めるな』や、それこそ『トゥルーマンショー』の大胆ながらも明快な仕掛けがもたらす爽快感との違いで、試聴後に残るモヤモヤに繋がったりもするのです。
薄いラブコメかなと思ったら、不穏な設定が後出し後出しで追加されていって変な世界観に。でもその繰り返しのどんでん返しに乗れるほどそれぞれのキャラクターに十分に共感できてないので、中盤以降はただただ散らかって置いてかれる感じ。まじなのかギャグなのかわかんない演技もマイナスかも。

良かった点としては、井桁弘恵がかわいかった。以上です。
HirotoKom

HirotoKomの感想・評価

3.2
上田監督がどういう作品を作るのかを理解してないと多分ガッカリする映画。
所々の描写が安っぽく、わざととも思えるくらいのインディーズ感のある演出と、映画が好きである故の詰め合わせ感。
でも役者の個性の魅せ方やストーリーの運び、音楽とのバランスはいいと思う。
楽しみにしてたのだけど、評価低かったのでそっち側に構えてみたら、まあ、普通には面白かった。
すど

すどの感想・評価

2.7
観たかったー
だから
みーたーよー

思ってたんと
かなりちがたー

脚本拗らせ過ぎて
キャラ魅力足りず
どんでん返しのつもりが
でんぐり返し

ざーんねーん

動機と行動と結果が
ふにゃふにゃしてて
違和感溢れちったわ
2019年製作、『カメラを止めるな』の上田慎一郎を含む3名の監督による合作。

開始暫くは、チープな作品をひたすら見せられている感じであったが、中盤ぐらいでどんどん面白くなってきた。
が、終盤の展開を観ながら段々と萎えてきました。

『カメラを止めるな』がいくら傑作だったとはいえ、今回はまたコンセプトが違うだろうしこんなものかなぁとも思います。

それでも今後の上田慎一郎作品を楽しみにしております。
あずう

あずうの感想・評価

2.5
俳優さんは良かったけど
ストーリーがほんとなんだこれ…
評価低いのがとても分かる…