イソップの思うツボの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「イソップの思うツボ」に投稿された感想・評価

よくある伏線回収系でした。
好きでした。でも細かいところが雑な気もする。
一人の女の子の成長ストーリーとしても見応えありでした。

このレビューはネタバレを含みます

上田慎一郎監督の。

同じ大学に通う女子大学生、カースト上位でタレントもやってる兎草とカースト底辺の亀田。

またもや木更津キャッツアイのような作りになっていて、前半はキャラの関係性を伏せ、大学における恋愛ものなのかなとミスリードを誘い、後半でキャラの関係性を明かし、実のところ復讐アクションでした、というオチ。

うーん、みんな演技下手でいまいち乗れなかった。キスシーンとかアクションシーンとかわざとらしすぎて。効果音も弱すぎ。

あと復讐のやり方もあんまりスマートじゃないのがね。父も母も自ら美人局仕掛けにいくのってかなり自分を犠牲にしてるよね。母親の仇とキスしたりセックスするのって気持ち悪すぎじゃない?第三者との不倫現場押さえるとかで良かったんじゃないって思うけど。
かなりの犠牲を払って復讐して亀田一家は何か変わったのだろうか。

あと最後も楽観的すぎかな。ヤクザ一人殺しといて金かすめてそれで一件落着とはいかんやろ。普通は報復あると思うけど。
まぁ、コメディだからあんまりつっこまない方が良いのかもしれんけど。

なんかあんまり良いとこ無かったと思う。
vanilla

vanillaの感想・評価

2.6
見始めちゃったから一応最後まで見たけど、なぜこんな茶番を見させられちゃったんだろうという気持ち。。
監督が3人いるから、きっとオレンジレンジの歌詞みたいに分担して各々書いてきてそれっぽくはっつけたんやろなぁ、と思った(オレンジレンジはそんな感じで歌詞書いてるからあんなバラバラやねんて誰かが言ってた気がするけど、オレンジレンジの歌詞がわからないので全然違ったらすいません)
K

Kの感想・評価

2.5
2人の同級生の女の子が恋敵、と思いきや、家族を巻き込んだ予想外の展開を見せるサスペンス・コメディ。

予想外な展開はあったけど、キレ味が足りな目で少々残念。
うぢ

うぢの感想・評価

2.5
VTRのとこまでは悪くはないんだけど最後の展開でなんかやんなきゃ感があって残念。
予告編で興味をそそられたので鑑賞してみた。思ってたのと違うかったけど、まぁ、"普通"におもしろかった。
YushiKonta

YushiKontaの感想・評価

1.2
製作側はめちゃくちゃ楽しく作ったんだろうなー、、は伝わる映画
カメ止めと比べるとどうしても……というところはあるが、普通に楽しめた。あくまで「普通に」だが。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.2
カメ止めでいろいろ期待を背負いすぎてて重かった監督が頑張って撮った長編2作目。

もはやあんまりイソップ関係ない。ポスタービジュアルになってる着ぐるみのウサギとカメとイヌも出てこない。

観客にとっても製作者にとっても、やっぱり前作のイメージが強すぎて、製作側は期待に背かないようにと、とにかく脚本をくるんでくるんで、メタにメタに作って行った結果こうなってしまった感じがビンビンする。

しかも前作みたいには誰にも共感できないし、カタルシスもないし、ギャグ的な面白さもないから辛い。メタになりすぎて、なんならちょっと観客に逆ギレ入りかかってる展開に苦笑する。

脚本やストーリー展開はぶっちゃけガサツ。現実感皆無でリアリティゼロ。でもいいのか悪いのか、なんかもうそれがこの人の作風に思えてきちゃった。

前作より予算ついたっぽいのに、まだ安っぽさが抜けてないところと、無駄に底辺ぽい暴力描写入ってるのは個人的には頂けない。なんか似たイベントあったな。まさかのルパン三世スピンオフ「次元大介の墓標」に。本編にほぼ関係ない文字通りの亀が不憫。

しかし、聞いただけではあまり違いを実感できなかっただろう、前作みたいな箱の構造自体が斬新なのと、脚本に多くどんでん返しがあるのとで、似たような内容であっても全然新鮮度も既視感も違うもんだなと、改めてそのニュアンスが与えるインパクトの違いの大きさに驚かされた。
評価の低さから観るのを躊躇していたけど、いやコレ好きよわたし。タイトルまでの長さ、ストーリー、テンポ、まさに上田慎一郎!!深く考えちゃ負け、めちゃくちゃ楽しんじゃってるのよ制作側が。良い良い👏