RIO

ディセンダント3のRIOのレビュー・感想・評価

ディセンダント3(2019年製作の映画)
3.9
ディズニーヴィランズを始めとするキャラクター達の子どもを描いた学園ドラマ。
待ちに待った第三弾の配信嬉しいです!

初っ端から迫力満点のミュージカルシーンのオンパレード、やはりディズニーが送るエンターテイメントはボリューミーかつハイクオリティで期待を裏切りません。良質な新曲はたくさんあった中でも、特に個人的推しのイヴィちゃんがもどかしい恋心を歌うソロナンバーがたまらなく可愛くてお気に入りになりました。
お馴染みキャラ達の成長も著しいですが、新キャラも多彩で魅力的な人物ばかり。特にヘラクレスのヴィランであるハデスの存在感はピカイチで、パンクな衣装のクールなおじさまに変化した姿が楽しめます!
その他数人の意外な姿にも驚く展開を辿りながら、個人個人に基づく平等を優しい世界で描いているのも変わらず素敵なポイントです。

そもそもティーン向けかつ公式の二次創作的内容を楽しむものなので、御都合主義やチープなディティールはご愛嬌。誰もがハッピーな気持ちになれる、爽やかな鑑賞後感には元気を貰えます。
物語もひと段落した上、未だ衝撃的なキャメロンの夭逝もあり、楽しそうな四人の姿に微笑ましさを覚える反面これが最後なんだと思うと寂しさも込み上げてきます…。それでも、この素敵なメンバーで素敵な作品を届けてくれてありがとう!たくさん楽しませて貰いました!という感想が一番でした。

実写でディズニーキャラクターの子どもを描くという突き抜けた発想、圧巻のミュージカルパフォーマンスの数々、生まれた環境に縛られる必要なんてないと世間に異議を唱えるストーリー…。
一貫して素晴らしいシリーズです。