新感染半島 ファイナル・ステージの作品情報・感想・評価・動画配信

「新感染半島 ファイナル・ステージ」に投稿された感想・評価

TKL

TKLの感想・評価

2.6
娯楽映画として、“楽しい”映画ではあったと思う。ただし、「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編として期待したならば、楽しみきれない。

前作は、韓国という国の社会性や人々の人間性を踏まえつつ、このジャンルの映画に相応しい「風刺」を併せ持ったゾンビ映画の傑作に仕上がっていた。列車を舞台にすることによる“パニック”の上乗せ加減も見事だったと思う。
しかし、この続編は、その後の世界を描きつつも、映画的なテイストはリセットされ、まったく別物の映画として作られていた。
前作が持っていた“韓国製ゾンビ映画”としてのフレッシュさを期待していた者としては、正直「思ってたんと違う」感は否めない。

文字通りの「地獄」に取り残された人間たちの狂気と、そこから生まれる恐怖やさらなる絶望を娯楽映画として描き出そうとした試み自体は興味深かったけれど、その世界観の作り込みがありきたりで希薄だったことが、「別物」の映画としても楽しみきれなかった要因だろう。

また、登場するキャラクターの一人ひとりは個性的で魅力的な要素を持っていたと思うけれど、それらをストーリー的にあまり活かしきれておらず、中途半端な人物描写に終始してしまっているとも感じた。

人がゾンビ化するウィルスの蔓延を止めることができず、4年間放置され、韓国国内のみマッドマックス的に崩壊しているという設定は豪胆で潔い。
北緯38度線(南北境界線)により、北朝鮮から先の大陸には感染が広がっていないという設定も無茶苦茶ではあるが、娯楽映画としては許容範囲だろうし、原題「Peninsula(半島)」が表す意図も際立っていると思う。

もう少しその「半島」というテーマが孕むこの国の特異性や、ある意味での孤立感みたいなものを、ストーリーに盛り込むことができていれば、このシリーズの続編としても、ゾンビ映画としても相応しい批評性が生まれたのではないか、と思う。
BestMovies

BestMoviesの感想・評価

4.8
韓国映画すごいな。
「新感染半島 ファイナル・ステージ」を見たけど、面白さはさておき、この韓国映画のクオリティの高さに改めて驚かされる。
日本映画が本当にガラパゴス化しているのがよくわかる。

韓国版マッドマックスと言われるような世界。
その焼き直しではないかと思えるような設定と展開。

そしてお金の掛け方がすごい。
どれだけカネかけてるんだと思わせます。
Wikipediaによると$16 millionとのこと。
1600万ドル。
つまり16億円。
日本映画としては高いけど、ハリウッドに比べると断然安い。

カーアクションの部分はCGによるところが大きいのだが、それでもよくできている。
特にいいところは次の通り。

・伏線の張り方がうまい。最初に出てくるシーンやセリフがあとで生きてくる。特にガラス張りのい歩道橋にゾンビが沢山いることの使い方。セリフでもなにかあったはず。
・冒頭から出てくる子供の使い方(こういうのは映画としてとてもいい)
・主演のカン・ドンウォンがとにかくかっこいい。岡田准一に似ているイケメン。最初ほうのシーンの短髪のときとあとからの長髪のシーンとで同じ人物とは思わなかった。長髪が超絶かっこいい。そして英語がネイティブのような発音をするのがまたいい。
・水の上での狂気に満ちたショーがめちゃくちゃ映像的にかっこよく撮れている。(水面の鏡面をうまく利用している。(ウユニ塩湖のよう)
・悪役のキム・ミンジェもとてもいい。
・カーアクションもよくできている。
・銃のアクションなど徴兵制があるからかわからないがめちゃくちゃうまい。
・ヒロイン役のイ・ジョンヒョンも芝居もアクションもうまい。
・ともかく全体的に芝居のレベルが高い。

これを撮ったヨン・サンホ監督に拍手である。
大好き!でもやっぱり一作目の方が迫力と感動があって好き
NUZOO

NUZOOの感想・評価

3.5
撮影のクオリティは高いけど、1作目の設定のような特筆すべき点がないのが残念。
03

03の感想・評価

3.7
ドラテクが超絶すぎてずっと笑ってた
マッドマックスができる国羨ましい〜わ
主役の顔かっこよすぎて画が持ちまくりますね…
登場人物をグッと絞ってその分アクションモリモリにしてきたの、これはこれで良いですねとニッコリ笑顔キメてしまった。とにかく娘のジュニが超絶良いキャラで、もう彼女だけで勝ち確だった…
Tsumege

Tsumegeの感想・評価

3.4
前作イマイチ覚えていないけどそれでも楽しめました。終末あるあるな舞台ですが、車メーカーがスポンサーかと思うくらいのカーチェイスは楽しめました。ゾンビが空気読んで行動しているんじゃないかと思う場面もありましたが、まあゾンビ映画あるあるって感じでいいのではないでしょうか。
前作の新感染から4年後。感染が広まった後の世界を舞台に、登場人物を一新して物語を展開するのは続編の描き方として全然ありだと思う。
前作では新幹線の車内という狭い空間の中での恐怖だったのが、今回は外の広い範囲でカーチェイスが中心なところも対比になっていて面白い。

ゾンビを通して人のエゴを描いている点は同じ。でもこの点は、今回は正直ファンタジー感が強くて、前作の方が現実味もあって圧倒的に入り込めた。またこの手の作品にはお決まりの、秩序が崩壊した後のコミュニティの描き方が個人的に興味のあるところなんだけど、ここも割りと教科書通りという感じがする。

北朝鮮が鉄壁の守りでゾンビを半島内に封じ込めているって設定は笑ったけど、これは地味に失敗だったかもしれない。
前作では瞬く間に感染が拡大していく恐怖や、軍が派遣された避難先までなす術なく崩壊したことによって軍でも鎮圧出来ない事態の深刻さをひしひしと感じられた。でも今回韓国は既に壊滅してしまったとはいえ、北朝鮮の防衛のお陰で完全に韓国内に封じ込められてるみたいだし、生存者たちがゾンビをある程度手玉に取れてしまっているのも加わって、緊迫感に欠ける部分があった。

その分、中学生くらいの少女イ・レがゾンビの群れの中を颯爽と車で走り抜けるようなコミカルな場面との相性は良くて楽しかったけど。
MI2

MI2の感想・評価

3.5
みんな協力して脱出せーよ。主人公の判断が遅すぎる…
>|