ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビューの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.4
フェミニストネタ満載で、ホモソーシャルネタが多い従来のコメディとの対比もされていて良作。登場人物もみんないい子。
にる

にるの感想・評価

4.3
かわいい爽快面白映画。
モーリー肌綺麗すぎ。誰1人悪役いなかった。ティーンエイジャー達の価値観の違いが綺麗に描かれてて、観てて自然と笑顔なれるし、こんな親友最高すぎな?とか、アメリカの高校生活豪快すぎな?とか、そら人それぞれいろんな悩みはあるわな、って思える。見た後に素直に楽しかった!また見たい!って思える映画。ピザ配達で、ピザハーフ&ハーフ×2枚はシンプルに1枚ずつ頼めよ。みたいな言葉言うシーンが私の1番のお気に入り✌︎
みこ

みこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この子たち、卒業前夜にほんとに青春全部、いや、それ以上のものを取り戻しちゃったよ。

自分のストーリーは自分で作る!!!いくらでも面白くできるし、演出可能だって本当の意味で気付くのは難しいことだけど、それができたら人生は最高に楽しいよね。

小さなことからでいいのよね、本当は。

最初のいろんなパーティーに迷い込むところから、やっとパーティー潜入、いろいろあって、逮捕、卒業式、すべてが詰まっててずっと最高。

あんなに本気で怒りあえる親友、宝物だね。
いやー、笑った!何回も声出して笑いそうになった😂
自分より下だと思ってたやつらが自分と同じくらいのエリート街道を進むと知って精神崩壊の危機に陥った真面目生徒会長が、色々取り戻すぜ!と暴走する一夜の物語。
いわゆるマイノリティの苦悩を描かず、普通の悩みとして描くところが良い。根っからの嫌な奴が出てこないお話ってやっぱり気持ちいいし、ルックスで笑いを取ったり揶揄することなく、それでいて下品でバカな笑い貫き通してるのが最高笑
みんなのこと知って大好きになったよー的なことを最後に言えるモリー、最高にかっこいいぞ!😆
お互いバッチバチに褒め合える親友、最高かよ。私の親友を馬鹿にするのは許さない!って最高すぎる。罵倒風褒め合いやってみたいし、この人とならそれできるんじゃ?と思える友達がいる自分は結構幸せなのではと思った😃😃
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

モリーとエイミーがお互いのことを褒めまくるシーンはすごい好き。「私最高、あなたも最高」が体現されていた。
人気者の像がこれまでの作品と違うのもよかった。

けど、現実ではない異世界の話のようだった。理想が詰められているというか。
例えばモリーとエイミーがニックのパーティーに行くシーン、他の作品だったら「なんかあの2人が来てるんだけど笑」って周りの子がヒソヒソみたいな展開になりがちだと思う。そしてそれが、現実に近いんじゃないか、少なくともそういうネガティブな要素がほぼないのは現実から遠いのではないかと思った。アメリカの典型的な青春作品の型に私の頭がハマっちゃってるだけかな。
異世界の話として見たならすんなり受け入れられたけど、現実世界に近いものとしてみたから、なんか違和感があった。
いろんなパーソナリティーの人が当たり前に存在してるのはもちろん素敵なことだけど、なんだろうなぁぁこの違和感。優しい世界すぎる、かな。

あと、冒頭にRBGの写真が出てきたのが印象に残った。日本ではつい最近話題になってるけど、アメリカのフェミニストの間では本当にキーパーソンだったんだなと。
NBK

NBKの感想・評価

4.0
最高にキュートな青春映画!!お互いを褒め合うシーンは積極的にやっていきたい。
キツめなジョークもあるので(下ネタ含む)そこが苦手だとキツイのかも。
音楽も最高でした◎
フピプ

フピプの感想・評価

4.2
あなたの人生に脇役で出演できるあいつは幸せ者だよって台詞救われるな
ふたりともださくってかっこよかった
主役2人のキャラがめちゃくちゃ魅力的。
モリーとエイミーがお互いを褒め合うシーンは最高すぎる。

終始くすくす笑える要素満載なんだけど、それだけじゃなくて、青春が終わってしまう切なさとかいろんな感情が湧き起こってくるので、ただのコメディではないのがいい。

登場人物みんな優しくて愛おしい世界。

🍓🐼🎓
めみ

めみの感想・評価

4.0
モリーがニックのことを好きな事に対して卑屈に言い訳をしたときのエイミーの台詞「How dare you say that about my best friend.」かっっこよすぎた。そんな素敵な友達いる?

お互いがお互いのことを一番よく理解していて、大切で、でも時に鬱陶しくて。

勉強しかしてこなかった、つまらない青春の中だって必ずモリーとエイミーは一緒に過ごして来た事実は一番のかけがえのない青春だよなあ

日本のいわゆる”地味な女の子がパリピに近くための奮闘記”ってイケメンの力借りがちだけど、この物語はモリーとエイミー2人だけの力で足掻いて行動するから尚更良い。強い女の子達最高。
さゆり

さゆりの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

たまに必要こういう映画!
THE高校生映画な感じで元気もらえる!

国でくくるのよくないけど、
日本だと仲良くなればなるほど
けなすイジるみたいな傾向あるけど、
2人はドレス着替えるたびに
誉め殺ししあってて最高だった!
モリーが卑下した時もビンタして
「あんた最高なんだからそんなこと言うな!」
って友情ってこういうもんだなと。

あと冒頭で、ダンスしながら
「会いたかったよー」「昨日ぶりだけど」
のくだりとかも楽しい笑


終始ティーンエイジャー感はあっても
所々違った世界観の映像美見せてくれたり
地味に伏線とかサイドストーリーもあって
薄っぺらってわけでもなかった!

自分は何か1つだけ必死に頑張ってたら
遊んでそうなのにちゃんと努力して何もかも手に入れてる子とか目についちゃうよね〜

そこで「私たちも楽しいやつだって見せつけてやる!」って転換最高。
それに嫌な奴と思ってたクラスのみんなも、
よく知らなかっただけで悪い奴じゃないと
いうことも理解して。
そういうとこかっこいいな〜
スピーチに拍手してるみんなの顔もよかった。

ちょいちょい出てくるガリ勉的発想も面白かった笑
(パーティーの場所わかんなくて
「私たちの得意技、リサーチよ!」
”motherf**ing homework!”みたいなとことか
聞かれたくないとこは中国語で会話したりとか)

モリーは堂々として美しい顔立ちだし、
エイミーは表情ころころ変わってチャーミング!
そしてジジなんなの!!🤣🤣
キャラ最高!大好き!