ジョー

悪人伝のジョーのネタバレレビュー・内容・結末

悪人伝(2018年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

悪と悪徳が極悪を制す


ある国では問題にならないことが、別な国に行くと法で罰せられる事がある。
でも殺人は世界共通で法により悪とされている。

でも彼の正義によれば殺さなければならなかったらしい。
彼は生まれてくる世界を間違った。

その正義を貫いた結果、誰かの正義に反して殺されてしまうのだ。その殺しは法に基づいているから悪ではないらしい。




この作品を見たあと、今まで自分が思ってきた悪の形が歪んで実体のないものになってしまった気がする。

そんな強いメッセージ性を持ちつつも、映像で魅せる事も忘れてない。



人の命を弄ぶ殺人鬼の猟奇的な表情、譲れない想いが乗った拳同士がぶつかり飛び散る血、機械の限界性能以上を求めている様子が耳に伝わるエンジン音。

エンタメとして、凄いものを作ってやろうという気持ちがビシビシと伝わってきた。

そして、作中ではヤクザと称されていたが、ロールではあえて字幕をつけていないであろう、マ・ドンソクの役名、Gangster。最後まで厨二心をくすぐられるかっこいい映画だった