パラダイス・ネクストの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(1館)

「パラダイス・ネクスト」に投稿された感想・評価

tomratt

tomrattの感想・評価

-
@ユジク阿佐ヶ谷-191016。音。映像。
せいけ

せいけの感想・評価

3.0
ロケーション、美術、映像などはすごくよい
色の使い方が上手く印象に残る絵作りがされていたように思う
ただ演出はちょっと投げすぎな気がする
セリフが少なく余白が多いけど、意図を掴み切れずに正直退屈してしまった
主演2人はさすが
トヨエツの独特なオーラと妻夫木の薄っぺらいお調子者はお手の物
過去にトラウマを抱えている様子はビューティフルデイのホアキンフェニックスを思い出した
Amy

Amyの感想・評価

3.2
記録
脳内台湾に行きたくて鑑賞。
妻夫木君が良かったです。
今のが断然いいです。
台湾との相性も良いのかもしれません。
主演2人をミニシアターでじっくり観れるなんて贅沢だなあ。
ツッコミ所のシーンもあるけど雰囲気のある現実逃避感があり、 観終わってジワジワ来ています。
勢いは感じたのですが、1回見たきりでは何を示したかったのかがわからなかったです。
かといってもう一度見たいかといわれると。。。もういいかな?って感じ。
時々の映像は美しくてどきりとしたのですが、物語は余白が大きいというか。。大きすぎるというか考えようにもわかりませんでした。
相性が悪かったようです。
全編台湾で撮られたという、とにかく全部のシーンが美しい映画だった。

日本から遠く離れて生きる彼らの逃避行には暴力と過去の暗い影がつきまとうけれど、本編のほとんどはその予感だけで、雑多で綺麗な台湾での緩慢な日々が続く。
一瞬で終わるとわかってるんだけど、そこにいる間は永遠に続く気がする真夏のよう。

冒頭で「闇夜と白夜は同じ地平線上で、短い間だけ黎明に会う」ってモノローグが流れるけれど、まさにこの映画は天国も地獄も生も死も同じ地平にあって、すぐに終わる一瞬だけ光に包まれる瞬間を切り取ったものなんだろうなと思った。
難しい。ヤクザ物は難しい。未知の世界。
でも台湾は本当に魅力的なところ。
熊ん蜂

熊ん蜂の感想・評価

3.6
コントラストの強い色味も相まって、
台湾の雰囲気が良い感じに出てる。
Kaede815

Kaede815の感想・評価

5.0
キャスト目当てで行くような人にはきっとわからないのだろうなと。

映画の概念から少し外れている気もするから、好みも別れるかも。

芸術作品として素晴らしいと思いました。
>|