ひ

思い、思われ、ふり、ふられのひのレビュー・感想・評価

3.7
少女漫画の実写化が飽和状態である今、界隈大手の東宝から生み出された本作。
単純な恋愛以外にも少年少女の等身大の悩みや将来への進み方も取り扱われ、あくまでも恋愛は付随するものとして描かれていた印象。
自分はこういうベタな演出を使ってくる少女漫画原作の実写ですぐ泣いてしまうので今作もすれ違う4人の様子を見て3回くらい泣きました。
由奈ちゃんがとにかく優しくて優しくて幸せになってほしいと思いながら観てた。
エンドロールの曲の歌詞がちょっと冷める